知っておくと便利なエラー値を調べるEXCEL関数

公開日: : tips


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 アクセス解析のデータをExcelで集計するときがあります。
 その際、どうしてもエラーが出てしまうことがあります。
 「#DIV/0!」「#VALUE!」「#N/A」等々。

 エラー表示しないように-ISERROR関数:Excel エクセルの使い方-関数/計算式-論理・情報

 こちらに詳しく書いてありましたので、防備録的に以下まとめ。

 #N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME? 、#NULL!
 #DIV/0!:ゼロで割ろうとした時 例:=A1/B1 ※このB1がゼロのとき
 記述例:=IF(ISERROR(A1/B1)=TRUE,””,A1/B1)

 #N/A以外のエラー
 記述例:=IF(ISERR(A1)=TRUE,””,B1)

 ちなみにこの#N/A、ノーアサインと読み、
 参照先のセルに値がないと困る関数VLOOKUPなどでよく見られるとか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑