WordPress、Contact Form 7 でコンバージョン設定する方法

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 tips


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 当ブログを便利にお読みいただくには、RSS購読がオススメです!
 <<<左のアイコンをクリックして下さい!!そして「このフィードを購読する」でOK!

 WordpressのプラグインであるContact Form 7は、
 手軽に、かつ、スパムに強い送信フォームを設置でき、とても人気です。

 しかし、送信後の画面がAJAXで同一ページ内に表示されるため、サンキューページなどに遷移しません。
 そこで、コンバージョンが取りづらい声を聞きます。
 ですので、WordPress+Contact Form 7 の場合、コンバージョンを取るには以下のようにすると良いでしょう。

 自動生成されるSUBMITボタンに、pageTracker._trackPageview() メソッドを追加します(ga.js用。Urchin.jsでもメソッド変更で対応できるとは思います)。

 1.プラグインフォルダ>contact-form-7フォルダ>wp-contact-form-7.php、を
 ダウンロードなどして開きます。
 ※通常は、/wp-content/plugins/contact-form-7 このあたりにあるかと。
 2.1586行目を修正(<>は全角に変更してます)

 $html = ‘<input type=”submit” value=”‘ . $value . ‘”‘ . $atts . ‘ onClick=”javascript:pageTracker._trackPageview(‘ . ‘\’/out/kankyou.html\” . ‘);” />’;

 このように強引に、トラッキングコードを挿入します。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 すると、画面遷移しなくとも、送信ボタンをクリックした時点で、
 「/out/kankyou.html」というページにアクセスしたことと同じになり
 このページをコンバージョンに設定することが出来ます。

 なお、送信時に割りあてるページ名は、Wordpressに投稿したページではなく、
 任意の名前(架空の名前)で構いません。

カグア!次回の記事は?
 みんなが好きなあの企画! 次回もお楽しみに!

 当ブログを便利にお読みいただくには、RSS購読がオススメです!
 <<<左のアイコンをクリックして下さい!!そして「このフィードを購読する」でOK!

 【サイト内関連記事】
 ブログ開設1ヶ月をログ解析とPDCAサイクルで振り返る
 有名ブログに学ぶアクセスアップ方法
 なぜ?と思うくらいひっそりと提供されているGoogle Analytics公式ツール
 Googleが教えるページ最適化のための4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑