Googleが教えるページ最適化のための4つのポイント

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 2009年3月24日、Google Analytics公式ブログで、Google Analyticsを使ったページ最適化の4つのポイントが語られていました。

 Google Analytics Blog: Web Analytics Tips & Tricks: Using Google Analytics to Create an Optimization Plan

 1.何を目標にするのか
 2.直帰率の高い入り口ページに着目しよう
 3.負のプロセスに注目しよう
 4.離脱ページの吟味
 5.最適化テストをしよう

 それでは1つ1つ見ていきましょう。

 1.何を目標にするのか

 何をするにもまず目標が必要です。
 ニュースレターに登録?何かを買う?
 いずれにせよ何か目標が無ければ最適化は出来ない、と。

 たしかに当たり前と言えば当たり前ですが、実はゴール設定が経験が必要だったりするんですよね。

 2.直帰率の高い入り口ページに着目しよう

 メニュー操作としては、コンテンツ>上位のコンテンツ

 ここで、列名の「直帰率」をクリックして並べ替えます。
 直帰率の高い入り口ページで、本当は直帰して欲しくないページなどを検証しよう。

 3.負のプロセスに注目しよう

 コンバージョン設定し、放棄率に着目しましょう。
 例えば、潜在顧客200のうち平均注文額が$100、40%放棄とすると、毎月$8000も失っているぞ!と。

 たしかに損失額を具体的にチェックすると、実感が沸きます。

 4.離脱ページの吟味

 メニュー操作としてはコンテンツ>離脱ページ

 高く売るようにデザインされたページでも35%もの人が離脱している!
 これは最適化の良い候補ページとなっている。

 5.最適化テストをしよう

 Googleウェブサイトオプティマイザーを使いA/Bテストをすれば、その差異を目の当たりに出来る。

 Official Google Website Optimizer Blog

 ウェブサイトオプティマイザーはさすがに設定等がとっつき辛いとは思いますが、1~4はGoogle Analytics初級者にとっては、必須のチェックポイントだと思います。

 ぜひお試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑