兼業イラストレーターのうた坊さんがすごい

デッサン力や作画力にうらうちされた現実感があって空気感のある魅力的な女性のワンシーンを描くイラストレーターのうた坊さん。あるツイートがバズり、ある企業の目に留まりそれが企業案件になりました。そのドリームの裏には、日々のストイックな作品づくりとノウハウをおしげもなく公開する生き方に集まる共感がありました。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

うた坊さんのイラストがキャンペーンに

うた坊さんはふだんは会社員をやられている兼業イラストレーターです。ポッドキャスト界隈では人気ポッドキャスターのゆとたわさんたちも、普段は会社員をされていますが、兼業クリエイターはほんとうに増えてきましたね。

そのうた坊さんのイラストが、ダーツの会社のキャンペーンに使われることに決まりました。まさにドリームのようなクリエイターエコノミーです。

>>【いいね20万超】Twitterでバズった「ダーツバーの彼女」イラストが実際のダーツバーに!|株式会社ダーツライブのプレスリリース

うた坊さん

このイラストが、世界中からいいねやシェアなど称賛をうけ、その様子がダーツ企業である株式会社ダーツライブの目にとまり、キャンペーンがまたたくまに決まったそうです。

なぜ海外の人からもバズったのか

うた坊さんは、2022年4月5日時点で11万人のフォロワーを持つ、人気イラストレーターです。それでも、TikTokとは違い、Twitterではそう簡単に海外へインプレッションがふえる仕組みはありません。それではなぜ、うた坊さんのイラストが海外でバズったのか。

それは、前述のダーツの会社のリツイート、そして世界的有名ダーツ選手の拡散があったからでした(この投稿以前にバズる兆候はありましたが)。

リツイートの内訳をみてみますと、ダーツ好きのアカウントとおぼしき海外の人たちがたくさんいいねを押しています。

ねらってやったわけではないのですが、ある特定の業界の多くの目にとまりますと、瞬く間にひろがっていくものだと、あらためてTwitterのすばらしさを実感しますね。

イラストレーター活動は教科書のよう

ぜひみなさんも、うた坊さんの投稿をチェックしてみてください。

  • イラスト制作など日々の創作活動をストイックにこなし投稿
  • ピクシブファンボックスで無料から有料までこまめに投稿
  • 無料投稿でも惜しげもなく、イラスト講座を発信し役立つアカウントに

以前、このブログでも紹介しましたが、ふだんから本質をみがくということを愚直につみかさね、そして多くの人に役立つこともする、サブスク料金も100~300円と良心的価格。そんな等身大の生き方が共感をよび、これまでのフォロワーの積み重ねになっているのだとは思います。

それがあってこその今回のバズであるはずです。やはり、バズりの神様は見ているのですよね、誠実にやっている人を。

小手先のテクニックに走らず誠実にクリエイションに向き合う、そんな当たり前のことの大切さをおしえてくれるエピソードですね。

<電子書籍>Twitterの伸ばしかた ~10ケ月で2万人と繋がれた私の、これだけは抑えたい10のこと~ | おでん | マーケティング

Twitter書籍

Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを見る