海外のクリエイターが使う月額サブスクの定番の収益化プラットフォーム3選。それぞれ特徴があるためコレ!がおすすめというよりは合ったものを使いましょう、という感じです。

月額サブスクサービスは徐々に広がりをみせています。海外でも市場は広がっていて、すでに定番ともよべるサービスも定着するほどになってきました。これらの動きや核心をよみとくと、今後日本で広がっていくクリエイターによる月額サブスクによる収益化も、力強い戦術がみえてくるかもしれません。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

海外でもクリエイサーサブスクが人気

Twitter’s ‘Super Follow’ creator subscription takes shots at Substack and Patreon | TechCrunch

Twitter’s ‘Super Follow’ creator subscription takes shots at Substack and Patreon

テッククランチによりますと、Twitterの月額サブスクフォロワー機能のスーパーフォローについて報じています。

記事で取り上げられているクリエイターが使える定番サブスクをまとめます。

Patreon

クリエイター支援の月額サブスクに特化したプラットフォーム。多くのクリエイターやインフルエンサーが利用し、世界中で展開しています。

Patreon
https://www.patreon.com/

日本でもサービスをはじめていますが、決済部分がまだ海外製なので、ひろがりは限定的な現状です。

日本のサービスで近いのは、pixiv fanbox です。

Twitter Super Follow

Twitterが提供する月額サブスクです。

いちおう日本語版ヘルプも用意されていますが、日本での知名度はこれからといった感じです(2022年1月時点では全開放されていませんし)。

「スーパーフォロー」のご紹介
https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/product/2021/introducing-super-follows

月額料金は、月額2.99ドル、4.99ドル、9.99ドル から選ぶようになっています。

かりに国内ではじまったとしても、もしかすると決済画面が、PaypalやStripeで、キャリア決済など非対応だったりしますと、意外と広がらないかもしれません。要注目です。

Substack

ニュースレター(メルマガ)のプラットフォームです。

海外ではメルマガの第二次ブームとよばれるほどニュースレターが流行っており、月額サブスクの有料ニュースレターでドリームをつかむジャーナリストやクリエイターが増えています。

Substack
https://substack.com/

これまでのメルマガとはことなり、全公開・登録者のみ公開・有料メンバーのみ公開・ウェブにも公開、など公開範囲をより細かく設定でき、ウェブに公開すればSEO効果などにより、そちらからの読者増加も期待できる点が、イマドキで評価されています。

国内でも、ライフハック界隈のアーリーアダプタな人たちから、利用が広がっています。

国内サービスで近いものは、theLetter です。

注目が集まる仮想通貨やNFTへの対応

各プラットフォームで注目が集まっていますのは、仮想通貨やNFTへの対応です。

前述のテッククランチの記事でも、パトレオンCEOが言及するくだりがあります。ただ、巨大プラットフォームゆえ具体的な実装の話まではおよんでいませんでした。

いっぽう、Twitterは2021年からすでに仮想通貨などのテクノロジーにキャッチアップする表明をしています。今後、いち早く実装できれば、NFTアーチストなど、すでにNFTアートで実績のあるクリエイターがサブスクをはじめるために、殺到するかもしれませんね。

<電子書籍>NFTアート最初の1枚を売る方法: イラストのド素人でも売れた!仮想通貨のキホンから解説 (おねんね書房) | おねんね | 投資 | Kindleストア

NFTアート最初の1枚を売る方法: イラストのド素人でも売れた!仮想通貨のキホンから解説 (おねんね書房)
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る