PowerDirectorで動画エンコードの速度はグラボ差はほとんど無い

公開日: : 動画 , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


PowerDirectorで、GTXとRTXの差はほとんど無い

人柱記事です。動画エンコードの高速化と、フォートナイトのレイトレーシングを試したくて、グラフィックカードを買い替えました、GTX1650からRTX2070 SUPERへ。

ただ結論からいいますと、グラボを買えてもPowerDirectorにおいては、エンコード速度はほとんど変わりませんでした(後述の記事でも同様の報告が)。

本記事の執筆は、ユーチューバー歴4年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年9月30日時点でのものです。ご注意ください。

動画エンコードを速くしたい

毎日のように動画編集していますと、エンコード時間の待ち時間を少しでも減らしたくなってきます。さらに、昨今RTX30シリーズも発表され、ガジェット欲がふつふつと。結局、待てずに、RTX2070SUPERを買っちゃいました。
RTX2070 SUPER

GPUありなしで検証すると爆速

34秒(ゲーム画面とクロマキーの人物合成)の動画を、エンコードした結果が以下。さすがにこれは、エンコードは速くなっています。

  • ハードウェアエンコードオフ:17秒
  • ハードウェアエンコードオン:9秒

GTX1650とRTX2070SUPERでエンコード比較

同じファイルで、動画エンコードの比較をしてみました。GTX1650では、GPU使用率が50%になっているものの、なぜかRTX2070SUPERでは、30%にとどまっています。

  • GTX1650 329秒
  • RTX2070 SUPER 317秒

結果として、エンコード速度の向上は4%にとどまっています。誤差の範囲ともいえるほどのわずかな差です。どうやら、そもそも外部GPUを使うかどうがが大きく、GPUの性能自体はほとんど影響しないっぽいことが判明。

ただ、個人的にはGTX1650のほうが、GPU使用率が高いことが気になりますね・・・。エンコードコスパはGTXのほうが良さそうです。

こちらはRTXのエンコード時のGPUリソースモニター。マックスでも30%程度です。
GPU使用率が上がらない2

GTX1650ですが、GPU使用率が50%近くいってます。コスパ的には、GTX1660Tiあたりを買うのが一番おすすめかもしれません。いちおうレイトレにも対応自体はしていますので。
GPU使用率が上がらない-gtx1650

MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6893

MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6893
Amazonで詳しく見る

レイトレーシングなどの処理が、こうしたエンコードや演算を回避させているのかわかりませんが、後述の他のかたの記事でもそうした実感を吐露されているので、間違いないかと思います。

GPUはあればエンコード速度は上がる

以上のことから、動画エンコード速度をあげたい場合は、CPUをより高速なものにするほうが効果は高いと思われます。

GPUはおそらくどのカードでも変わらないと思いますので、それ意外で優先することを考えて、買うのが良いかと思います(レイトレ重視ならRTXなど)。

それでは、以下検証したことをまとめてみます。参考にされたい方はぜひ。

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

動画エンコードの速度向上を目指して検証したこと

GeForce STUDIOドライバーはPDR.EXEには非対応

クリエイター向けのドライバーとして、GeForceはSTUDIOドライバーなるものを公開しています。公式サイトでSTUDIOドライバーを選べます。ただし、PowerDirectorは非対応です。

>>NVIDIAドライバダウンロード
サイトで詳しく見る

こちらの紹介ページを見ますと、Premiere Proなどが引き合いに出されています。エンコードが強力になりそうな雰囲気を醸し出しています。しかし、わたしの動画編集アプリは「PowerDirector」ですので、繰り返しになりますが、対象外です。

>>想像力に並ぶスピードで制作する – NVIDIA Studio
サイトで詳しく見る

さて試しに、STUDIOドライバーをいれたところ、なぜかゲームドライバーが最新ではなくなりました・・・(泣)
GPU使用率が上がらない-studiodriver13

さらに、PowerDirectorでは、ハードウェアエンコード自体も選べなくなっていました。非対応は伊達じゃないです。

アンインストールができないので、改めてゲームドライバーをインストール。ハードウェアエンコードはできるようになりましたが、CPU使用率が下がったままです。とほほ・・・。
GPU使用率が上がらない-studiodriver入れちゃダメCPUも利用率下がる

PowerDirectorユーザーは、絶対に入れないようにしましょう。

GeForce優先にする設定をするも差は僅か

価格comでPowerDirectorの掲示板を見てみますと、さまざまなアドバイスがなされています。基本は、そのアプリでGeForceを優先的に使えるようにする、パフォーマンス重視の設定にする、という2点です。

>>価格.com – CYBERLINK PowerDirector 18 Ultra 通常版 のクチコミ掲示板
サイトで詳しく見る

PowerDirector19(365)で解説します。まずはアプリでハードウェアエンコードを使う設定を、一通り入れます。
GPU使用率が上がらない0

Windowsの設定→グラフィック設定、でPowerDirectorをパフォーマンス優先に設定。GeForceドライバの3D設定の管理で、PowerDirectorにおいてパフォーマンス重視、トリプルバッファリング:オン、にします。
GPU使用率が上がらない4

ちゃんと、GeForceで優先的に機能しているか、GeForceの常駐アプリでも確認。
GPU使用率が上がらない1

また、RegiEditで、コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\CyberLink\CES_FunctionLogger\DATAで、1がGPU不要の意味なので、それを探す(※自己責任でよろしくお願い致します)
GPU使用率が上がらない5

以上の設定をしたにも関わらず、GTX1650→RTX2070SUPERで、ゲームベンチマークで見られるような、劇的なパフォーマンスアップはしませんでした。Windows、GeForce、PowerDirector、もちろんすべて最新版を入れています。

・ ・ ・ ・ ・

というわけで、すでにグラフィックカードを持っていて、それの換装で動画エンコードを速くすることは、過度な期待はされないほうが良さそうです。

知人がみつけてくれましたが、YouTubeでも、すでにPowerDirector16のときに荒れていたようです。

みなさまどうぞお気をつけ下さい。お疲れ様でした。

・・・もし本記事がお役にたったなら、投げ銭してくださると今後もモチベーションあがりますので、ぜひよろしくお願い致します。
このブログに100円投げ銭する

関連情報リンク

まったく同じ感想。GTX1650のほうが早く感じるところとかも。グラボありなしが一番大きいのか・・・。

>>2年間でのNVEncの進化は? RTX 2070 Super vs GTX 1060 – 旅の備忘録
サイトで詳しく見る

この記事も・・・。しまった。確認してから買えば良かった。RTX2080でもこの差かぁ~~~~。「レンダリング時間を計測~58秒の動画の出力にGeForce RTX 2080 VENTUS 8G OCでは1分47秒、GTX 780 Tiでは1分51秒~約1分の動画で4秒という差」

4K動画編集PCに足すならこれ! MSI「GeForce RTX 2080 VENTUS 8G OC」 – AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/1160294.html

GTX1660Tiでもレイトレーシングができるようなので、そちらのほうがコスパは良さそうな気がします。

>>NVIDIA,GeForce GTX 10,16シリーズでリアルタイムレイトレーシングを可能とする「GeForce 425.31 Driver」をリリース
サイトで詳しく見る

動画エンコードに関しては、やはりCPU換装のほうが効果が大きいようです。7700Kから、AMDの3900Xにすると約3倍!

>>動画編集・エンコードにオススメなCPUは? 38種類のCPUで比較 : 自作とゲームと趣味の日々
サイトで詳しく見る

いちおうこの設定もしてみたのですが、あまり変わりませんでした。

>>ゲーム用ノートPCにおすすめのNVIDIAコントロールパネル設定 | ゲームPCバンク
サイトで詳しく見る

価格comの掲示板ではやはりCPU換装が薦められています。

>>価格.com – 『GPUの使用はどうなるのか?』 CYBERLINK PowerDirector 17 Ultra 通常版 のクチコミ掲示板
サイトで詳しく見る

まとめ

  • GeForceではNVENCというコーデックがあるがグラボで差はほとんどない
  • PowerDirectorにおいてエンコード時のグラボの差はほとんどない
  • PowerDirectorでエンコード速度向上を求めるなら素直にCPU交換(PC買い替え)がベスト

なんともトホホな結果となりました。この記事が少しでも「PowerDirectorのエンコード速度アップにグラボ新調してみるか!」という人に効果はほとんどない、ということが広まれば幸いです。

まあ、RTXはレイトレーシング目的でもあったので、買って後悔はしていませんが、ここまで変わらない、もしくはGTX1650よりも遅くなったというのはちょっとショックでした。レイトレに最適化した内部処理になっちゃったとか、なんですかね。

最後までお読み頂きありがとうございました。よろしければ、投げ銭していただけますと、ブログ更新のモチベにつながりますので、ぜひよろしくお願い致します。

このブログに100円投げ銭する

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「RTX2070 SUPER」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑