Spotify傘下のAnchorが国内人気ポッドキャストで収益化スタート。海外と同じ広告セクション方式なのか、正式リリースはいつなのか、気になりますね。

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

Anchor広告

海外のスタートアップ、テック、VCの最新ニュースを発信する人気ポッドキャスト番組「Off Topic」がAnchor公式の収益化に対応したことが、2021年9月15日の配信で明らかになりました。

Anchorが国内ポッドキャスト番組に広告出稿

こちらのポッドキャスト配信回の 00:47秒から聴いてみてください。

ちなみに今回、ポッドキャスト配信サービスのAnchorさんの告知をいれさせていただくことになりました。初のポッドキャストのマネタイズ・・・。実際Anchorを使っていたので、告知もしやすいですよね。オフトピックのマネタイズを心配してくださっているリスナーさんもいたので・・・。

という報告の言葉のあとに、Anchorの広告告知の読み上げがされます。

このように、番組内で配信主が読み上げるかたちで挿入されるため、自然にリスナーに届く感じです。

かつてAnchor広告セクションを使っていた国内番組

SNSやテックガジェットの最新情報をポッドキャスト配信しているKoukichi_Tさんが、すでに2020年に試しています。

  • 配信者が広告を選び読み上げをする、その広告セクションを編集時にポッドキャストにさしこむ
  • 投げ銭も存在はする(設置自体ができない)
  • ただし日本では支払いが受けられない(それを承知でKoukichi_Tさんが試したことをリポートしています)

支払い設定画面がそもそも日本だと設定ができない、ということみたいです。1000再生で15ドルというレートが紹介されています。

YouTubeは1再生0.1~0.5円と言われていますので、ポッドキャストは1再生1.5円ほどですので、絶対的な市場規模は小さいとはいえ、効率性(録音なども敷居は低いため)が注目されるところだと思います。

>>UUUMの決算資料でYouTuberの月収計算 トップ層は大幅収益減か【2020年1月版】 – ユーチュラ

広告セクション方式のメリット

Spotifyでは、Spotify Statというアナリティクスがあります。

そこで、視聴維持率(エピソードパフォーマンス)といった数字も見られます。どれくらいの人が最後まで聴いてくれたか、何分くらいのところで多く離脱したかが、わかるようになっています。

エピソードパフォーマンス

Spotifyでは広告はセクション方式であれば、この数字をみて、適切なところに広告セクションを、配信主が差し込めようものですよね。

Anchorのセクション方式

実装されれば、自由度が高いマネタイズの手法として非常に興味深いです。

Anchorの国内広告配信機能はいつリリースか

さて、前述のオフトピックが、この米国でスタートしているAnchorの、広告セクションの機能を使っているかどうかが、気になるところです。

もし使っているとすれば、いよいよポッドキャストにも収益化の大きな波がくることになり、国内音声配信市場も盛り上がりが期待できそうです。

ただ、オフトピックでは、かなりスムーズなトークの流れで読まれていたため、個別対応の事案なのかなという印象です。逆に、Koukichi_Tさんの広告セクションを聴きますと、はっきりセクションの区切りはわかるようになっています。

音声で配信主が読み上げるとすれば、広告審査があるはずですので、そういうスキーム構築なども含め、ローカライズにはおそらく時間がかかると思うので、もう少し先なのかなと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑