Googleアナリティクスで調べた!スマホ画面の向きを調べる方法

公開日: : 最終更新日:2015/10/30 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


縦向き横向き

横持ちはやっぱりあのタブレット。

JavaScriptでスマホの向きがわかります

JavaScriptを使えば、Googleアナリティクスで簡単に、スマホの画面の向きがわかります。

ga(‘set’, ‘dimension1’, window.innerHeight > window.innerWidth ? ‘縦向き’ : ‘横向き’);

とりあえず、ブラウザの縦が横サイズよりも小さかったら、横持ちだろーっていうスクリプトです。※クォテーションが変な変換されていないかご注意ください。

>>参考:Enabling Multiscreen Tracking With Google Analytics – Smashing Magazine

Googleアナリティクスで、あらかじめカスタムディメンションに、「画面の向き」などといった箱をつくっておきます。あとは上記コードを、トラッキングコードの、ga(‘send’,~の前に入れればOKです。

ga(‘send’,~の前にいれないと、send(送信)されませんので、気をつけてくださいね。

横持ちが多かったのはiPad

これはまあそうだろーなー、という結果に。もちろん、その後あわててデザイン確認したのは言うまでもありません(笑)。

いっぽう、横持ちの画面が多かったAndroidは、なにげにArrowsが多いという。Fシリーズはどうもフルハイっぽいですね。PCビューなのかどうかもチェックしたくなります。

何気に、電車とかで動画を見てる人も最近よく見ますけど、YouTubeのリンクからそのままWebに誘導すると、たしかに横持ちのまま見れたほうが優しいですよね。

YouTube誘導を意識している人は、未チェックであれば、スマホ横持ち画面デザインを確認したほうがいいかも、ですね。

「Arrows欲しくなった。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑