Googleアナリティクスで流入ごとのCV率と離脱を把握する


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Googleアナリティクスでメディア分類

媒体ごとにCV率を把握することは重要。

TOP画像のように、メディアごとにコンバージョン率を把握することが可能です。上図では更に新規・再訪での違いもわかります。

トラフィック>参照元>すべてのトラフィック

その上で、目標1、メディア、ピボットテーブルを選びます。

ピボットテーブルを選びますと、表示させる指標に、コンバージョン率、訪問数などが出てきますので、それを選べばOKです。

あとは、さらにフォーム画面を含むページ閲覧を絞り込むアドバンスセグメントを作れば、その遷移をある程度把握できます。
アドバンスセグメント

あとは、EXCELにダウンロードして、それぞれ離脱率などを計算すれば課題がよりはっきりしてくるでしょう。
 

「こんなに離脱してたのね・・・ってわかる。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑