Excelで修復!GoogleAnalyticsの文字化け対策

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 Google Analytics 使い方, トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Googleアナリティクスで文字化けしたらEXCELで直そう。

以下のグラフは、Googleアナリティクスで、「%e3%83%a0?」といった文字化けしている流入キーワードの推移です。20日以降、収束する気配がありません。

文字化けに気づき始めた時期は10月20日頃

あれ?と思いつつもハッキリと意識したのはいちしまさんのツイートから。

>>Twitter / @makitani: 僕のブログの10/21の状況、グーグル検索経由の約30%が …

SiteCatalystでも文字化けしているそうです。そして、翌週、公式ヘルプフォーラムでも報告され始めました。

>>キーワードの項目に文字化けのようなキーワードが表示されています – Google Analytics 公式ヘルプフォーラム

キーワードの項目に文字化けのようなキーワードが表示されています

Google検索SSL化発表が10月18日

Google検索のSSL化が発表されたのは、10月18日です。

>>グーグル「SSL化して検索キーワード見えなくするよ」 Web担当者「ええぇ? (not provided)って何!」 | Web担当者Forum

グーグルの検索結果ページがSSL化されると、ユーザーがどんな検索キーワードで検索してサイトにたどり着いたのかを、アクセス解析で調べられなくなるのです。

どうもSSL化が影響していそうな感じ・・・。試しに私もブログでも、文字化けしているキーワードの数を調べて見ました。概ね20%がデコードに失敗している感じ。こりゃ大きい。

まあSSL化どうこうというよりも、すでに無視できない数ですので、対策を考えてみました。

EXCELのユーザ定義関数を使った、Googleアナリティクスで文字化けしたキーワードの復元

Googleアナリティクスで、まずはキーワードをエクスポートします。バージョン5であればURLを少し修正すれば、500件以上のキーワードもダウンロード可能です。参考:運営堂さん

ダウンロードしましたら、CSVファイルの文字コードをUTF-8からシフトJISに変換します。テキストエディタなど修正可能です。

エクセルで開き、ユーザー定義関数をVBAに記述します。EXCELで、ツール>マクロ>Visual Basic Editor、を選び、挿入>標準コントロール

Public Function URL_Decode(ByVal strOrg As String) As String
With CreateObject(“ScriptControl”)
.Language = “JScript”
URL_Decode = .CodeObject.decodeURI(strOrg)
End With
End Function

あとは、ワークシートに戻り、ユーザー定義関数を挿入すればOKです。

>>参考:URLデコードを行う:Excel エクセルの使い方-ユーザー定義関数/VBA
※スクリプトはそのまま紹介させて頂きました。ありがとうございました。

早く収束してくれるとイイんですけどね・・・。

追記:22:26 運営堂さんがこちらの記事を教えてくれました。「原因は、Google側の技術的な不具合の模様」とのこと。ありがとうございます!
Google検索でデコードされない参照キーワードが記録される事象が発生 ::SEM R
 

Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本?最初からそう教えてくれればいいのに!Excel2007/2003対応
立山 秀利
秀和システム
売り上げランキング: 3786
「とりあえずEXCELはシフトJIS。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑