イベントトラッキングでAmazonアフィリを管理・集計

公開日: : 最終更新日:2016/06/19 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Amazonアフィリをイベントトラッキングで集計

Amazonアソシエイト管理画面を見れば良いのでは?というツッコミが聞こえそうですが、とりあえず他の情報も取れるので、ご賞味下さい。

追記:2016年6月19日 本記事は2009年当時のトラッキングコードです。

記述方法

例えば、こんなカンジニ<A>タグ内に記述すればOK。

onClick=”pageTracker._trackEvent(‘amazon’,’書籍名’,location.href,値段);”

イベントトラッキングのミソは集計が出来ることです。eコマーストランザクションを使ってもいいのですが、<A>タグに気軽に入れられる方が良いかと。

イベントトラッキングの書式_trackEvent(カテゴリー, アクション, ラベル*, 値*)  *任意追加

書式としては上記のようになりますが、ここの値というところに、書籍の値段を入れておけば、集計が出来ます。

トラッキングコードの解説

カテゴリーにamazon、アクションに書籍名を入れておけば、コンテンツ>イベントトラッキング>カテゴリー>amazonで、クリックされた順に書籍名が一覧できます。更には上図のように集計も可能。

ラベルにlocation.hrefとしておけば、クリックされたページがわかります。

ブログのサイドバーに、同じアフィリリンクを入れている方はどのページが貢献したのかわかりますので、便利ではないでしょうか。

あと、新機能のセカンダリーディメンションで更に解析すれば、どのキーワードで流入して、どのページがアフィリ貢献してるかも一目瞭然!

イベントトラッキング、ホントいい仕事しますよ!

追記

追記1:ISBNに私は数字を入れてますが、もしかして、日本語書籍名を入れると文字化けするかも・・・と、ビビッただけです。

追記2:<A>タグにOnclickをいちいち入れるのが面倒という方は、日本語辞書に単語登録しておけば良いかと。

追記3:イベントトラッキングはga.jsのみです。あと、<A>タグの上にトラッキングコードが記述されていないと、うまく動作しないかもしれません。

>>「え!?この本が😃!」Amazon売れ筋ランキング: 現在人気のある書籍です
売れてる本を詳しく見る

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

Amazonで詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑