*

ユニバーサルアナリティクスでユーザー導線をpageviewで計測した

公開日: : 最終更新日:2014/10/27 ユニバーサルアナリティクス


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

ユーザー遷移

時間と見たページがわかります。

ユーザーがどういう順番でページを見たか

ユーザー導線がとりたくなって、いろいろと試していました。

TOP画像では、時間ごとに「背中が痛い」という記事を、しっかり読んでもらえてることがわかります。嬉しいですね。

Googleアナリティクスの新バージョンである、ユニバーサルアナリティクスですと、ブラウザごとに割り当てられた重複しないナンバーを知ることができます(要プログラミング)。これを、クライアントID(client-ID)と言います。

ページビュー

上図ですと、一番上の人は9ページ見てることがわかりますね。

というように、クライアントIDもトラッキングして、あとは時間などを追加すれば、いけるのではないかと。

ユーザー導線を取るソース

とりあえず、組んでみました。ページビューをつかって計測しています。ですから、サイト全体のPVはむちゃくちゃ増えますwww。

var KKurl = "/user/"+tracker.get('clientId')+"/<?php echo date("H:i:s"); ?>";
ga('send', {
  'hitType': 'pageview',
  'page': KKurl,
  'title': document.title
});

でも、まあ、PHPとJavaScriptが動くサイトであれば、こんな感じに簡単にとれちゃいます。

よくわからないことが起こるのは普通

で、じつはこれ、もともとイベント変数で取ってたんですよね。こんな感じに。

ga('send', 'event', clientID, time, locacioton.href );

そりゃ、ページビューを増やすなんて暴挙はしたくないですよねw。

でも、イベント変数で、最初は取れてたのですが、すぐに取れなくなってしまいました。原因はよくわからないです。でも、こういうよくわからないことが起こるのが、プログラミングです。

イベントだと取れてない

というわけで、困ったことがあったら、基本の仕組みに戻れ、という教えにしたがいw、pageviewで取ることにしましたら、うまく取れました。

/user/クライアントID/時間

みたいな、ページアクセスのトラッキングしたことにして(バーチャルページビューという手法)、まあ、当然PVは増えてしまうので、セグメント切ったり、カスタムフィルタかけたりすることになります。でも、まあ良い感じです。

「ファジーなところも好き。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑