*

Googleアナリティクスでページ遷移を取る方法

公開日: : トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


【自宅でできる人間ドック】


Google Analytics でページ遷移が取れました。


よくサイトカタリストと比較されるときに、「Googleアナリティクスはページ遷移が取れないから・・・」と言われること多いですよね。しかしGoogleアナリティクスでもイベントトラッキングを使えば、簡易的にページ遷移が取れることがわかりました。ただし注意事項もあるので最後までお読み下さい。


なお、セカンダリディメンションにイベントラベルが表示される新Googleアナリティクスでの使用をを推奨します。


まずはデモをご覧下さい


イベントトラッキングを使いますので、コンテンツ>イベント>上位のイベント。するとビジターID群が一覧されますので、どれかをクリックしますと、ページ遷移した時刻が表示されます。そこでセカンダリションで、イベントラベルに記録されたURLを表示させれば、遷移がわかります。


なお、イベントアクションにURLを入れ、イベントラベルに時刻を入れても動作します。また、時刻も理論的にはミリ秒単位まで正確に追えます。


Google Analytics でページ遷移を取る仕組み


Googleアナリティクスでは、アクセスがあるとユーザーのCookieにビジターIDという唯一の番号を自動的に付与します。このビジターIDがあるかどうかで、リピーターかどうかの判断をし、以後訪問回数なども管理されていきます。


ですから、ビジターIDが記録された後、その番号を取得し、それをイベントカテゴリーとしてイベントトラッキングに記録していくという手法です。


ページ遷移を取得するイベントトラッキング設置方法


準備物:jQuery、ga.utils.js
jQuery 日本語リファレンス
Google AnalyticsのCookie情報を取り出すJS「ga.utils.js」|Webディレクター視点で語るWeb制作・開発Tipsブログ【Labs to Web】


なお、ga.utils.jsにビジターIDを取得するコードを付加しておきます。要はCookieの1番目がビジターIDなので、似たような部分が多数あるのでそれをコピーし数値を1にする、と。

_isID:function(){
var cookiename = “__utma”;
var ret = 0;
var c = document.cookie.split(‘;’);
var count =”";
for (var i=0;i if(cookiename == c[i].split('=')[0].replace(/^(\s+)|(\s+$)/g, '')){
var _utma = c[i].split("=")[1];
idd = _utma.split(".")[1];
}
}
ret = Number(idd);
return ret;
},


ちなみに、時刻とURLはJavaScriptを使えば取得できます。URLなどは、location.hrefと入れておけば取れますので、ホント便利ですね。


</head>の手前に以下を追加します。これでユーザーのページ遷移が追えるようになります。

<script type=”text/javascript”>
//新イベント
$(window).unload(function(){
gat1=”"+gaUtil.iddd;
et= new Date();
hh = et.getHours();
aida1=”";if(hh<10){aida1="0";}
mm = et.getMinutes();
aida2=":";if(mm<10){aida2=":0";}
ss = et.getSeconds();
aida3=":";if(ss<10){aida3=":0";}
gat2 = aida1 +hh + aida2 + mm + aida3 + ss;
_gaq.push(['_trackEvent',gat1,gat2,location.href,1]);
});
</script>



ページ遷移を取るときの注意


前述のように、この手法はビジターIDがあることが前提です。そのタイミングがうまくかみ合わず、ビジターIDが記録される前に、ページ遷移を取るスクリプトが動作してしまうと、2番目の画像にあるようにundefinedと記録されてしまいます。


そこで、今回はユーザーが、ページを離脱するタイミングでコードを実行させるようにしました。さすがに離脱するときには記録されているだろうという発想です。ページがunloadされたときに実行させています(ここでjQueryを使いました)。


2つのサイトで実験したところ、以下の結果。

静的ページ生成サイト(1日100訪問程度)
>100%取得
動的ページ生成サイト(WordPressでキャッシュ利用)
>1135訪問中427件取得、490件ビジターID未取得、218件ロスト


unload時に取得することでかなり改善されたのですが、まだまだツカエルとまでは言えない感じ。あと毎回イベントを発生させていますので、直帰率はほぼ0%になります(「ほぼ」というのは、前述のようにロストするケースもあるので)。


「直帰率?ほとんど見てないYO!でもちょっと遷移がわかったらイイなあ」という方にはオススメ。(^∀^;


イベント数の多いビジターIDから順に見ていきますと、「こんなリンクもクリックしている!」というのも分かり興味深いです。なお、トラッキングコードをこれ専用にもう1つ埋め込んでいただければ、元のコードの直帰率には影響させず設置も可能です。あとはCVしたときにもビジターIDを記録しておき、そこからCVの傾向を調べても面白いかも。


チャレンジャーな方、どうぞお試し下さい。
  

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑