*

属性毎のCVまで分かる!マルチカスタム変数、試した

公開日: : 最終更新日:2009/12/08 トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 グーグルアナリティクスのマルチカスタム変数

 マルチカスタム変数は、以前の記事で、基本は紹介しましたが、
いよいよ利用可能になりましたので紹介します。

 

マルチカスタム変数とは


 サイト運営者が、訪問者のクッキーに任意の情報を記録できる機能です。
 今までは1つしか記録出来なかったのが、5つまで利用出来るようになりました。
 これがマルチカスタム変数です。


 ちなみに、もともとあったユーザー定義も今まで通り利用できるようです。
 つまり、どうやら6つまで任意の値が記録出来、便利そうです。

 

書き方

pageTracker._setCustomVar(
   3,
   ”Memberstatus”,
   ”male”,
   1
);
pageTracker._trackPageview();

 たとえば、トラッキングコードにこのように記述し、
 以後、その訪問者のクッキーには、この値が書き込まれたままトラッキングされますので、
 アドバンス セグメントで絞り込む等、詳細分析が可能というわけです。
 第4パラメーターの細かな使い方は、過去エントリーを参照して下さい。
 マルチカスタム変数とは

 

実際の使い方


 今までのユーザー定義のように、ユーザーメニューからは辿れず。
 とりあえず、見てみるにはカスタムレポートを作ります。


 マルチカスタム変数


 カスタムレポート>ディメンション>ユーザー
 とたどっていきますと、Custom Variableという値が選べます。
 Key1~5、それぞれのValueも1~5までドリルダウン設定が可能です。


 同様に、もうアドバンス セグメントでも、選択可能に。

 

どこまで使えるのか


 ユーザー定義では、訪問者のIPアドレスを取得しそれを記録しておく等の
 変数的利用が可能でした。


 マルチカスタム変数も、ある程度動的な使い方が可能のようです。


 マルチカスタム変数3


 トラッキングした該当ページのURLを記録してみました。
 このように、マルチカスタム変数の1つのチャンネル内で、さらに細かな値が
 記録出来てしまうのです。


 マルチカスタム変数は、分類としては5つまでなのですが、
 実質無制限に訪問者を分類可能になった、これこそが真価と言えます。
 (ヘルプをまだ読破していないので、もしかしたら限界値があるかもしれませんが)

 

使い方は無限大


 今回の新機能でウェブアナリストの間で評価が高かったのが、この機能です。
 たしかに、これで、時間別、ユーザーID別、年代別、いろいろと分類出来そうです。


 マルチカスタム変数4


 属性をうまく分ければ、このようにどの属性のユーザーがCVしたかまで、わかりますので、
 本当にすごい進化をとげたものです。

 

設定可能な値のまとめ


 1.マルチカスタム変数
 ユーザーのクッキーに記録して、訪問者をいくつも識別可能。記録後も追跡可能。


 2.ユーザー定義
 ユーザーのクッキーに記録して、訪問者を1つだけ識別可能。記録後も追跡可能。


 3.イベントトラッキング
 セッション単位でのみ、クリックなどユーザーの動きを識別可能。


 4.eコマーストランザクション
 セッション単位でのみ、購買行動単位で識別可能。購買から遡って分析が一部可能。


 ユーザーを識別する際に、いろいろと使えるようになりました。
 トラッキングエンジニアという職種も登場しそうな勢いですね。

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑