*

新機能ピボットテーブルの注意点+アドバンスフィルタ

公開日: : tips


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



 Google Analytics のピボットテーブル 注意点


 さて最近、話題になっている新機能ピボットテーブル
 たとえば、複数の項目を切り口として分析が可能。


 とても便利なのですが、実はアドバンス セグメントとの併用は出来ません。


 Why is Advanced Segmentation disabled for certain reports? – Analytics Help


 サイト分析の手法として、
 アドバンス セグメントでターゲット絞り込み>>導線チェック、CVチェック
 というアプローチがあるかと思いますが、ここでは、ピボットテーブルは使えないのです。
 (厳密には、絞り込んでいてもピボットした途端、解除されます。)


 したがって、絞り込みたいときは、
 ピボットテーブルをした後、アドバンスフィルタを使います。


 Google Analytics アドバンスフィルター


 上図のように簡易的に、特定キーワードで絞り込んでも良いですし、
 「アドバンスフィルタ」をという部分をクリックし、条件追加をしても良いでしょう。


 Google Analytics アドバンス フィルター


 アドバンスフィルタ、お試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑