缶コーヒーにアルミ缶が増えている理由

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 テクノロジー


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


DSCN6996

技術進歩だそうです。

最近、缶コーヒーにアルミ缶が増えていると思いませんか?気になったので、コカ・コーラに問い合わせてみました。

少し待ってから開けてください、の表記

問い合わせたのは、コカコーラお客様相談室。とても丁寧な対応で、こちらが恐縮してしまうほどのパーフェクトオペレーションでした。

2014年11月から、エメラルドマウンテンから順次切り替えているそうです。

・技術進歩により、アルミ缶でも破裂が抑えられた。
・スチール缶よりも軽く、アルミのほうがエコになる。

とのことです。かつては、乳製品が入っていますと破裂する確率が上がるそうで、スチール缶が採用されてたとのこと。しかし、技術進歩で破裂の危険性が下がったためエコなパッケージに徐々に変えているのだそうです。

ただ強度を高めるため内部の気圧を高めているそうです。ですから、スチール缶よりは吹き出す可能性も高いため、パッケージに「少し待ってから開けてください」と書かれているのだそうです。この表記はアルミ缶だけです。

なるほど。品質に問題がないのであれば、エコなほうがいいですよね。勉強になりました。ありがとうございました。


ジョージア エメラルドマウンテン 185g×30本: 食品・飲料・お酒


ジョージア 三ツ星プレッソ 185g 缶×30本: 食品・飲料・お酒

コスト面が大きいとの指摘も

順次切り替わっているアルミ缶は、コスト面での理由も大きいと指摘する声もあるようです。

>>日経新聞 開発「コーヒー缶、素材に異変」=ミルク入りもスチールからアルミに= – 息子たちに読んで欲しい日経記事

アルミ缶は、内部の気圧を高めることで強度を保っていると、公式にも書かれています。

>>アルミ缶とスチール缶の違いとは | 日本コカ・コーラ お客様相談室

技術進歩やコスト面など、いろいろな要因で徐々に、缶コーヒーにアルミ缶が増えている理由があるんですね。

「軽くていいですよね。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
40代で2児の父。ブロガー兼ユーチューバー。ネット業界24年目。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑