*

リスーピア体験レビュー、混雑してなければ整理券は不要

公開日: : 家族連れレジャー


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


risupia

こんにちは。2児のパパ・カグア!です。

週末の家族連れレジャーのネタ探しは、いつも苦労してます。天気は?時間は?費用は?などなど、絞り込むと結構選択肢ってないですよね。

そんなパパママに、今日は半日コースのおすすめレジャー施設をご紹介します。都内でアクセスも楽なリスーピアです。

リスーピアとは

パナソニックセンター

リスーピアは、有明にありますパナソニックセンターが母体となって運営されている科学館です。

>>リスーピア – 施設案内 – パナソニックセンター東京 – コーポレートショウルーム – 企業情報 – Panasonic

1階がパナソニック製品や協賛オリンピックなどの展示、2階はニンテンドーのブースとカフェとリスーピア(無料)、3階がリスーピア(有料)です。

3階以外はとくに受付などなく、出入りが自由です(ニンテンドーエリアはゲーム機プレイは順番)。すべて室内で国際展示場駅からも歩いてすぐという好アクセス。雨天時の半日コースとして、小学生の子連れでいくのにおすすめです。

リスーピアの料金は子供は無料

高校生以下(小学生や幼児)の料金はなんと入場料が無料です。大人も500円という家計にやさしい料金です。

国際展示場やお台場にいったときに、モノレールや地下鉄で移動して、半日のちょっとしたネタに便利かと思います。

年間とおして楽しいイベントもあるので、何回も行くという人は半年パスポートが1500円とお得です。

>>Webリスーピア | キッズスクール | パナソニック

整理券は混雑したときだけ配布

リスーピアには有料フロアがあります。そこがまあメインでもあるので、開場前から並んで待ちます。3階へ向かうエレベーターの前に行列ができていますので、そこで並んで待ちましょう。
整理券

わたしたちは、開場10分前くらいにつきましたが、こんな感じでした。時間になると20人くらいが並んでた感じでしたね。

混雑したときだけ整理券を配布すると、公式ホームページには書いてありますので、これくらいの混雑ですと問題ないといったところです。たしかに、中でもかなりゆったり遊ぶことができました。

車でアクセス、駐車場の記載は無し

公式ホームページには駐車場の記載がありません。学校団体向けに駐車場の記載はあるのですが、一般向けは2015年7月4日現在、見当たりません。

ですでの、近隣のコインパーキングを調べてみました。都内で駅近くなので、週末など1日上限2000円など、それなりにする感じです。
リスーピア駐車場
>>リスーピア周辺の駐車場(Googleマップ)
>>タイムズ有明フロンティア | タイムズ駐車場検索

リスーピアの食事は困らない

カフェ

コンビニが駅前などまわりに結構あります。国際展示場駅の近くなだけあって、サイゼリアなど食事をするところもまわりにたくさんあるので、困りません。

>>カフェ E-FEEL – 施設案内 – パナソニックセンター東京 – コーポレートショウルーム – 企業情報 – Panasonic

2階にカフェもありますが、パスタが単品520円と、とくに安いわけでもないので、あまり利用している人はいませんでした。我が家も出てすぐそばのサイゼリアで食事しました(ただし12時をすぎると行列になり、早めに入って良かったです)。

リスーピアのメンバーページやアプリも楽しい

リスーピア

ディスカバリーフィールドの再確認がWebでできます。
>>メンバーページログイン | リスーピア Panasonic

アプリもありキッズの好きなところをくすぐります。
>>Webリスーピア | キッズスクール | パナソニック

リスーピアのディスカバリーフィールドでは、端末とイヤホンが受付で渡されます。フィールド内で理数に関連する体験をしながら、その端末を操作していきます。端末には、体験したマップや、モンスターの育成状態が表示されます。

その端末の裏にあるカードは、フィールド終了時にもらえます。そのIDとパスワードで、上記のメンバーページにログインして使いますと、再確認ができます。二度楽しめますね。

3階のおすすめはボール移動パズル

みんなで撮影

リスーピアのディスカバリーフィールド(3階)は、ブース内がじつは撮影不可なのです。ですので、詳細がレポートできずすみません。

団体客など大量に子どもたちが入ってこなければ、午前中などは余裕をもって遊べると思います。

いろいろな体験展示があり、それらすべてのわきにNFCタッチの台があります。そこに貸与された端末をタッチすると、キャラがどんどん育成していきます。これが子どもたちには大受けでした。たしかに、端末ごとに違うキャラなんですよね。

スタンプラリーも子供心をくすぐるアイテムですが、さらに進化したスタンプラリーといったところ。とくにゲームをクリアしなくても良いので、大人もなんだか楽しめます。また、イヤホンからはそのブースの解説なども聴けます。

落ちてくるボールをうまくゴールさせろ

リスーピア2

さすがパナソニックだけあって、どの展示もあまり見たことがないものでした。チームラボと公共科学館の中間くらい。いまどきのプロジェクション系が結構ありました。

<参考>
>>混雑は11時から!お台場のチームラボ未来の遊園地に行ってきた
>>はまぎんこども宇宙科学館、駐車場の混雑は開館前から!食事は持込可
>>半日つぶすなら埼玉県越谷にある科学館ミラクルが便利、駐車場も豊富

なかでも大人も楽しめたのは、ボールをゴールさせるゲーム。ボールが次々と出てくる発射の管と、ゴールとなる管とが離れてます。それがディスプレイに投影されるのですが、そのディスプレイに、マグネットのついた真っ直ぐやカーブした棒を置きます。すると、その棒にそってボールが移動していくのです。

プレイヤーがコースを設定するとそれにそってボールが進むので、たくさんゴールさせよ!というゲームです。プレイタイム中に何度も発射口とゴールがかわり、また障害物なども出てきたり、重力もあったりで、頭を使いますし、展開も早くてとても楽しいです。あー、画像で紹介したいです。

こういうプロジェクション系の体験ゲームがたくさんあって、楽しいですよ。

イベント参加も楽しいよ

イベント

>>イベント情報 | パナソニックセンター東京 | コーポレートショウルーム | Panasonic

公式ホームページにはイベント情報が書かれています。我が家は申し込みませんでしたが、ここも利用しますと、結構1日くらいつぶれる感じですね。

ただ、回と回の間が長いため、事前にタイミングを合せて、余裕をもって来たほうが無難な感じです。また、予約不要のものと、事前申込み必須のものとあるので、公式ホームページで確認してください。

ショールームだけど楽しい

1階のフロアはパナソニック製品やサービスのショールームです。とはいいましても、協賛していますオリンピックの紹介であったり、かつてのパナソニック製品の展示があったりと、ちゃんと科学館しています。

ニンテンドーエリアでスプラトゥーンやってきた

ニンテンドー

無料でニンテンドー3DSやWiiUがプレイできます。さすがにプレイ時間が10分と制限されているので、順番待ちの紙に名前を書いて待ちます。待っている間は、よこにあるリスーピア無料ゾーンで展示で遊べます。とはいっても、展示はさすがにディスカバリーフィールドに比べると、一般的な科学展示なので、うちの小学生たちはほとんど遊んでませんでした。たいていの科学館にあるものばかり。

マリオと記念撮影もできます。
P6281425

WiiUはスプラトゥーンの体験ゲームができました。体験専用のゲームなので、敵に色を塗っていくプレイでした。3Dの操作に慣れていなかったので難しく、見てるとけっこうストレスたまってた感じでしたw。

アミーボももうこんなあるのですね。
アミーボ

ショールームとはいえエキシビジョンな空間

1階はパナソック商品の展示と、協賛しているオリンピックの体験ゾーンです。表彰台にたって、メダルと月桂樹の冠をかぶらせてもらえます。
1階も楽しい1

現行機種だけでなく過去の歴史的なカメラも展示してありました。
カメラ

フェンシングのさきっちょってこんなにやわらかいんですね。
フェンシング

ダイソンのようなスタイリッシュな扇風機もじつはあるんですね。音はこちらのほうが静かに感じました、さすがですね。
扇風機

まとめ~子供無料が魅力

高校生以下は無料、ということで半日楽しめ良かったです。いっぽうで、イベント参加などしないと、もって3時間かなあという感じです。

とはいえ、イベントを狙い撃ちして行けば、1日楽しめると思いますし、なんといってもアクセスが良くて、まわりにコンビニなど食事が安くすませられるロケーションが魅力です。

科学館が好きな小学生ならきっと楽しめますよ。おすすめです。


子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい: 松林 弘治: 本

「マリオ!マリオ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑