*

鹿せり子で見るアクセス概要

公開日: : 最終更新日:2010/10/05 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

鹿せり子で知るサイト概況 Google Analytics


 Google Analytics を使って、サイト全体の概要を俯瞰します。


 「鹿せり子」の順で切り口を操作していけば、ざっくりとしたアクセス像がつかめる筈です。
 あくまで一例ですが、早速実際の流れに沿って紹介していきましょう。

 

「し」・・・集客概況

 鹿せり子


 1.トラフィック>>サマリー
  「検索トラフィックが22%ですね・・・。」


 2.トラフィック>>キーワード
  「検索キーワードは××が多いんですね。ではダウンロードしてグループ化してみましょう。」


 3.トラフィック>>キーワード、「円グラフ」
  「キーワードTOP10の占める割合が全体の半分を占めますね。」


 4.トラフィック>>キーワード、「比較」
  「このキーワードは、全体平均より滞在時間長いですよ。」


 5.トラフィック>>参照元サイト
  「(期間指定もしてみましょうか・・・)最近はTogetter経由、多いですねえ。」・・・などなど。

 

「か」・・・回遊

 鹿せり子


 1.ユーザー>>サマリー
  「平均PV10p、月平均セッション4000ですね。滞在時間は約10分・・・。」


 2.コンテンツ>>上位のコンテンツ
  「人気ページはこれらですね。直帰率が高いページがありますね。」


 3.コンテンツ>>閲覧開始ページ
  「これらのページが入り口になってるケースが全体の30%を占めますね。」


 4.コンテンツ>>閲覧開始ページ、特定ページの「閲覧開始後の遷移」
  「2ページ目にはこれらのページが見られてますね。」


 5.コンテンツ>>サイト内検索、キーワード
  「これらのキーワードで検索されてますね。」

 

「せ」・・・成約

 鹿せり子


 1.トラフィック>>すべてのトラフィック、「目標」タブ
  「この参照元からの流入がCV高いですね」


 2.トラフィック>>キーワード、「eコマース」タブ
  「このキーワードからの流入が売上げイイですね」


 3.コンテンツ>>上位のコンテンツ、「$index」で並替え
  「このページは成約に貢献してます」


 4.目標>>目標到達プロセス
  「この確認画面で放棄が多いです」


 5.コンテンツ>>上位のコンテンツ、目標に絡むURLで検索
  「(前月と比較して)今月は成約が15%増えました」

 

「り」・・・リピーター

 鹿せり子


 1.ユーザー>>新規ユーザーとリピーター
  「リピーターは28%ですね」


 2.アドバンス セグメント>>リピーター
  「リピーターは同水準で推移しています」「リピーターのサイト平均滞在時間は・・・」


 3.ユーザー>>リピートセッション数>>リピートセッション数
  「9回以上のリピート訪問は10%程度です」


 4.コンテンツ>>上位のコンテンツ、「ピボット」>>ユーザーの種類
  「リピーターが良く見るページはここですね」


 5.eコマース>>購入までの日数
  「購入までに1週間以上かけている人が10%近くはいます。」

 

「こ」・・・効果測定

 鹿せり子


 1.トラフィック>>AdWords>>サマリー
  「今月は××円の費用がかかっています」


 2.トラフィック>>AdWords>>キャンペーン、各キャンペーンをドリルダウン
  「このキーワードの収益単価は思ったほど良くなかったです」


 3.トラフィック>>AdWords>>時間帯、収益で少ない順に並替え
  「この時間帯のクリックはほとんど収益を上げてません」


 4.トラフィック>>AdWords>>プレースメント、収益で並べ替え
  「このサイトからのトラフィックは収益に貢献しています(していません)」


 5.トラフィック>>AdWords>>キーワードの掲載順位
  「このキーワードは2番目掲載でも十分収益上げてます」

 

鹿せり子アプローチ~まとめ


 これらはホンの一例です。
 ただ、3番目のどのように成約(目標達成)されるのか、という経験が積まれてきますと、
 だいたいのアクセスイメージから、アプローチや絞り込み方も見えてくるようになります。


 そして、アドバンス セグメントで絞り込んだ後、上記操作をし特定セッションを深堀りしたり、
 カスタムレポートを作り、任意の値で効率的に概要を把握したりして、
 状況に応じ、更にグーグルアナリティクスの高度な分析機能を活用していくと良いでしょう。


 なお、どういう切り口で絞り込んでいくと、ユーザーに近づけるのか。
 アドバンス セグメントの具体的な事例を知りたい方は、「できる100ワザ~」の
 213pがオススメです。著者珠玉の切り口に具体的に触れることが出来ます。


 ホント、読めば読むほど味が出る本です


 

できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版 SEO&SEMを強化する新・アクセス解析術
大内 範行 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 15894
おすすめ度の平均: 4.5

4 わかりずらい言葉も丁寧に解説
4 analytics機能強化に伴い、こちらも増補改定
5 サイトの強み&弱み把握に最適


 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑