*

離脱ページから考えるサイト改善の5つのポイント

公開日: : 最終更新日:2010/08/05 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 離脱ページから考えるサイト改善の課題


 ブランディングやユーザーとの接触時間をとりあえずの目標にしたとき、
 Google Analytics では、以下のような操作がポイントになるのではないでしょうか。

 

1.直帰から見るユーザー不満足度


 トラフィック>>キーワード、直帰率で並べ替え


 ターゲットキーワードにも関わらず直帰率が高く、直帰数も多ければ
 改善の余地があるかと思います。


 さらに、対象キーワードをクリックし、「リンク先ページ」で、どのページが
 具体的に直帰されているのか、掴みましょう。

 

2.離脱に見るボトルネックの発見


 コンテンツ>>離脱ページ、離脱して欲しくないページを検索


 買い物カート途中のページ、申し込み画面の確認画面・・・、など
 離脱して欲しくないページは存在するはずです。それらを見つけ対策を講じます。

 

3.サイト内検索にみるコンテンツの課題


 コンテンツ>>サイト内検索>>キーワード、検索による離脱数の割合


 サイト内検索は、訪問者のニーズが露骨に表れる行動の1つです。
 そのキーワードと離脱の割合から、コンテンツの充実度や課題を探します。

 

4.平均PVから全体の傾向を掴む


 ユーザー>>ユーザーの傾向>>平均PV数、
  ノーリファラ、参照トラフィック、検索や、ユーザーの種類など内訳を見てみる


 アドバンス セグメントを使い、流入媒体やユーザーの種類から、平均PVの少ない
 ユーザー象のイメージを掴むとヒントが見える場合があります。

 

5.閲覧開始ページに見る直帰率

 閲覧開始ページ


 コンテンツ>>閲覧開始ページ、サイトの平均と直帰率を比較


 サイと全体の平均直帰率と比較したときに、極端に悪く直帰してしまっている
 閲覧開始ページを見つけます。ページ詳細で「閲覧開始時のキーワード」などをチェックし
 コンテンツとの違和感を探ります。

 

6.離脱以外のチェックポイント


 ・各ページの想定閲覧時間をリスト化しておきます。
  1分の動画が掲載されいるにも関わらず、ページ滞在時間が1分に満たなければ、
 課題があると考えられます。理想とする滞在時間未満であれば、離脱でなくとも
 一考の余地があると考えられます。


 ・「良い離脱」も想定しておきます。
  自社サイトから通販サイトへの移動や、ダウンロードサイトへの移動など、内容として
 不満を抱えての離脱でない場合は、差し引いて吟味しましょう。
 外部への発リンクもGoogle Analytics では、計測可能です。


 外部へのリンクのトラッキング – Analytics ヘルプ

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑