Googleアナリティクス、ネットショップでもCV設定をしよう

公開日: : 最終更新日:2015/02/03 EC、ネットショップ , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


ECでも目標設定もしとくと良いですよ!

Googleアナリティクスでは、目標設定していると見られるメニューがあります。CV設定していないと上のように、目標作成してねと勧められるメニューがあります。

ネットショップで、既に収益分析が出来ている場合でも、目標設定をしておいた方が、より多くの情報を見られますので、CV設定は本当にオススメです。

ソーシャル分析

トラフィック>ソーシャル>コンバージョン
 とくに、CVに対してアシストしたソーシャル「アシストと終点の分析」などがわかります。

ソーシャルで知ったとしても、いきなり購入は無いかもしれません。しかし、そのことで心理的敷居が下がり、次回以降の接触で有利に働くことは十分に考えられます。ぜひとも目標設定をして、ソーシャル分析をしましょう。

ちなみに、マルチチャネルのアシストコンバージョンは、目標設定をしていなくても、eコマース設定のみで見られます。

ゴールフロー

コンバージョン>目標>ゴールフロー
 カート遷移を、目標プロセスとして設定しておきますと、ゴールフローが見られるようになります。

目標到達プロセスとの違いは、流入元から視覚的に分析でき、その数を期間比較も出来る、というところです。

ショップにおける目標設定の例

例えば、カートASP大手のMakeShopでは、以下のようにカート遷移を、目標到達プロセスに設定すると良いでしょう。

購入完了をゴールURLとし、バスケット、フォーム入力、決済、確認画面をプロセスに設定しておきます。

なお、目標値は0にしておくのがオススメです。今後、$indexが実装されたときに、これが設定されていますと、これも合算されて算出されてしまいます(実際の収益のみの算出にしたい)。
 

「目標設定するとこんなに特典が付くのね。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
40代で2児の父。ブロガー兼ユーチューバー。ネット業界24年目。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑