*

新聞社サイトにGoogle Analytics 設置を妄想してみた

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 コラム


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



 大規模コンテンツホルダーでGoogle Analytics を実装するときのポイント。
 どこを測定して改善を図るのか、目的を絞り込むことが大切かと思います。


 今回は、そのことを踏まえ、「集客増&広告収入増」を目的と仮定し、
 いろいろと妄想してみたいと思います。

 

RSS購読を増やし、リピーター増を測る


 新聞社サイトでは、恒常的に記事が追加されますので、
 効率的に読みたい読者は、「RSSリーダーを使いたい」と考えるかもしれません。


 そこで、出来る限りRSS購読ボタンを配置し、クリックカウントをします。


 <a href=”#” onClick=”pageTracker._trackEvent(‘repeater’,'feed’,this.href);”>
 ※<>は全角にしています。


 などとリンクに設定しますと、イベントトラッキング機能を使い、FEED登録をカウント出来ます。


  pageTracker._trackPageview() でカウントも出来るのですが、新聞社サイトの場合、
 PVが膨大になることが予想されるので、PVとは別に管理したほうが良いでしょう。


 それに比べれば、低くしか掘り下げ出来ませんが、
 広告主にフィード購読数をアピールできるのではないでしょうか。

 

サブドメインもトラッキングし、つながりを分析する


 多くの新聞社サイトでは、地域コミュニティや関連グッズ販売など、
 コミュニティを保有している場合が多いかと思います。


 それらのサイトの往来をトラッキングし、ユーザーの動向やコンバージョンの傾向を、掴めると良いかと。
 公式ヘルプに、設置方法が記載されています。


 サイトのすべてのサブドメインを 1 つのプロファイルでトラッキングする – Analytics ヘルプ


 サブドメイン間で、同じプロファイルでトラッキングをするには、
 通常のトラッキングコードに、_setDomainName()メソッドを追加します。


 var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-xxxxxx-x”);
 pageTracker._setDomainName(“.xxxx.co.jp”);


 ただ、こうしますと、www.xxxx.co.jp/index.html と blog.xxxx.co.jp/index.html
 が、同じindex.htmlと計測されてしまうので、アドバンスフィルタを使い、URLを書き換えてトラッキング
 します。


 アドバンス フィルターで、次のように設定します。

フィルタの種類: カスタム フィルタ > アドバンス
フィールド A: ホスト名
引用 A: (.*)
フィールド B: リクエスト URI
引用 B: (.*)
出力先: リクエスト URI
構成: /$A1$B1

このフィルタを適用すると、下記のようにページのファイル名にサブドメインが追加された状態で、レポートに表示されます。

www.example.com/index.html
help.example.com/more.html

 

絶大な信頼を誇る紙媒体からの誘導を検討する


 集客&ネットでの広告収入、という視点で書いていますので、
 本来はタブーなのかもしれませんが、あえて提案したいと思います。


 ネットに対する新聞購読者の大きな特徴は、その新聞に対する信頼度だと思います。
 その信頼度ゆえ、紙面で紹介された情報は、コンバージョンが高いのではないでしょうか。
 読んでたら、実際、紙面からどんどんサイトへ誘導したくなりました。


 サイトのアクセスが増えれば、紙面で紹介する記事をアフィリエイトとして収入を得たり、
 記事に関連する商品をサイト上で、レコメンドしたり、新しい収益の可能性も。


 2009年6月12日の、ある地方新聞の紙面を調べてみました。

Google Analytics と新聞というメディア


 32面あるうち、記事中(もしくは見出しなどに紹介的)にURLが記載してあるのは、
 トップの自社URLと、くらし欄のコミュニティサイトのみ。


 これだけ記事があり、ネットと絡めそうな記事もたくさんあったのですが、誘導は皆無なのです。


 レシピなど動画で紹介したほうが、より伝わるかとも思うのですが、
 理想は理想だがその後、動画サイトに定着されちゃったら困る・・・という事情もあるかとは感じてしまいます。


 ただ、広告でさえ、URLや「××で検索」といった表記は極小。
 電話番号に比べれば、半分のサイズという小ささ。ここまで誘導が少ないとは・・・。


 新聞社サイトなので、どちらかというと、サイトから紙面に誘導したい
 いうことなのでしょうか。
 ただ、そうであれば、紙面はまた違った作りになるような気はするのですが、いかがでしょうか。


 ちなみに、紙面からサイトへ誘導するときは、URLを直打ちされるとノーリファラーになり、
 Google Analytics で測定不可能ですので、たとえば、直打ちさせるURLは簡易的なアドレスにしておき、
 そのページからリダイレクトで、狙うページへジャンプさせると計測可能かと思います。
 (リダイレクトページはロボット拒否など施しつつ) 

 

その他いくつか思いつき


 ・アドセンスなどコンテンツマッチは慎重に。
 (イメージを損なう広告が表示されてもいけない)
 ・Amazonなどのアフィリエイトはコントロール可能なため、どんどん投入
 ・コミュニティサイトで、ブログを書いてもらい広告収入
 ・フィード登録を増やしRSS広告配信
 ・公式ショップを立ち上げ、記事と連動したグッズの直接販売
 ・求人、就職、進学など、地元情報に特化した広告商品の開発
 ・「声」で掲載されない人は、ネットに出る可能性もありますよ、的な。
 ・ネットでは、より全国を意識したコーナーもあるとバズるかも
 ・ブックマーク、mixi投稿、tweetなどソーシャル関連ボタンを充実してみては?


 実は、私、学生の頃、新聞奨学生として働いていました。
 今でも、その貴重な経験は社会で役立っています。ですので、新聞はとても好きです。
 投書欄に投稿するくらい好きでした。


 そんな新聞がこれからも、時代を映し、様々なメディアと共存して欲しいと願ってやみません。
 以上、勝手ながら提案を妄想してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑