平均値と中央値

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 コラム


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 慎重な吟味を要するアクセス解析のときには、
 平均値を鵜呑みにしてはイケマセン。

 例えば、次のようなセッションがあったとします。

 セッション サイト滞在時間
   1       5分
   2       5分
   3       2分
   4       2分
   5       1分

 平均サイト滞在時間は、(5+5+2+2+1)÷5セッション=3分です。
 しかし、この3分は全体を表しているでしょうか?

Google Analytics のサイト滞在時間の例

 グラフにしてみるとよくわかります。
 上位2セッションが、平均を押し上げていることがわかります。

 そういうときには、中央値を使うと便利です。

 中央値 – Wikipedia

 簡単に言ってしまうと、データを小さい順に並べたときの中央に位置する値です。
 この例ですと、3番目のセッションの時間です。つまり2分
 「真ん中の人は2分サイトを見ている」と聞くと、「平均3分」と言われたときよりも、印象が変わりますよね。

 残念ながらGoogle Analytics では中央値は、表示されませんので、

Google Analytics では中央値は表示されないが、並べ替えである程度はわかる

 上図のように、平均サイト滞在時間は約10分となっていても、
 サイト滞在時間で並べ替える(項目名をクリック)と、
 上位の2つのセッション郡が平均を押し上げていることがわかります。

 さらに、CSV形式などデータをエクスポートしてExcelなどで分析すれば、
 慎重な吟味が出来るでしょう。

 平均値と中央値、ぜひ活用してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑