MakeShopがeコマーストランザクションに対応

公開日: : 最終更新日:2012/02/27 トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


RSS購読のURLが変わりました。
新しいFEED購読方法を見る

 ネットショップASPであるMakeShopが、Google Analyticsの
 eコマース機能に完全対応しました。

 ネットショップ開業のMakeShop! 公式blog: ウェブ解析ツールGoogle Analyticsの「eコマース機能」

 MakeShopでは、以前からGoogle Analytics 実装には対応して
 いましたが、今回のリリースでついにeコマース機能にも対応することに。

 早速試してみました。

 まず予め、Google Analytics のほうで、
 Analytics 設定 > プロファイル設定 > プロファイル情報を編集で、
 「e コマース サイトです」をチェックしておきます。

 MakeShopがeコマース解析に対応

 次に、MakeShopにログインし、
 プロモーション > タグの設定 > アクセス解析用のタグの設定で、
 ウェブプロパティIDを入力し保存します。

 MakeShopがGoogle Analytics のeコマース機能に完全対応

 ウェブプロパティIDとは、Google Analytics のトラッキングコード内にあります、
 UA-9999999-1 といった番号のことです。以下のように、ログイン時表示されています。

 レポート画面にあります

 プロファイルIDとは異なりますので、注意しましょう。

 なお、元々貼り付けていたトラッキングコードは、削除しませんと
 二重にトラッキングコードが挿入されてしまいますので、注意して下さい。

 記事によりますと、

■Google Analytics「eコマース機能」でできること
・平均注文金額
・商品別サマリー
・購入者の商品別または商品カテゴリー別行動分析
・商品購入までのセッション数・日数の詳細分析

 とのこと。

 対応プランは、ビジネスショッププラン、プレミアムショッププランの2つ。
 MakeShopユーザーには朗報ですね。

 さらに、MakeShopにおけるコンバージョン設定など、詳細はこちらの記事をどうぞ。
 MakeshopでGoogle Analytics を設定する方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑