鵜呑み注意!サイト上のデータ表示+リニューアル失敗例

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 tips


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


サイト上のデータを表示。RSSのクリックが低い。。。問題だ。

 コンテンツ>サイト上のデータ表示

 、と操作すれば、ページ上のリンクのクリック率を表示してくれる便利な機能、
 それが「サイト上のデータ表示」です。

 一見便利な機能ですが、以下の点に注意しましょう。

 リンク先が同じであれば、同じクリック率

 つまり、ページ上部にある「トップへ戻る」も、ページ最下部にある「トップに戻る」のリンクも、同じクリック率になります。
 場所までは考慮されませんので、本当はどちらのクリックが多いのかはわからないのです。

 また、こういう失敗例もありました。

 「んー、SEO対策のために文字を増やして、
 キーワード増やしたページを作ったけど、あまりクリックされてないな・・・」
 「ごちゃごちゃしてて見づらいから、いっそシンプルなデザインにするか!」

 と、シンプルなデザインにリニューアルしたところ、
 コンバージョンが下がってしまったのです。

 原因はいくつか考えられます。
 しかし、この事例では、商材が比較的高額だったため、
 どうやら数回目の訪問にコンバージョンする傾向があったようです。

 クリックされないまでも目には入りますので、
 もしかしたら、知らないうちに商材への理解が深まっていて、
 心理的に優位なポジションが獲得できていたのでは、と考えられます。

 クリックされない文字でも目には入る
 そんな当たり前のことを見過ごさないようにしたいものです。

 「サイト上のデータ表示」は表示されないケースもあるなど、不安定な部分については、以下のリンクが参考になります。
 サイト上のデータ表示が機能しません – Analytics ヘルプ
 Google Analytics「サイト上のデータ表示」がログアウトしても有効のままで困った-Tosshi Note

◆正確な滞在時間を計るため、
宜しければこちらをクリックして下さい。→→→読んだよ!

 【サイト内関連記事】
 有名ブログに学ぶアクセスアップ方法
 ブログ運営のための3つのチェックポイント
 数値判断に迷ったら見たいページ
 Google Analytics は4つのチームで共有しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑