Googleアナリティクス、スマホの方が直帰率が低いケース

公開日: : 最終更新日:2015/02/03 カグア!運営日記 , , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


新規が多いとスマホでも直帰率、低かったです。

Googleアナリティクスでページ評価

先日、こちらのページがもの凄くランディングしてたので、ちょっと調べてみると凄いことに。

てっきりソーシャルからかと思ったら、検索スゲーですね。ツイートもそれなりにされましたが、おそらく後述の理由などでそうなったかと。

スマホは画面が狭いでの、当ブログのスマホ画面、UIは凄く貧弱です。全体の直帰率がだいたい下図。しかし、今回はTOP画像のように、スマホ直帰率のほうが低いという結果に。これ、やっぱり高い新規率ですよねえ、次頁へ11%もつないでくれてます。

何気に関連のタグや他の記事がクリックされてます、関連情報強し。記事下に関連リンク掲載していたら、もっと伸びたでしょう。

ソーシャルよりも検索流入が多かった理由

さて、もともとこの記事、Yahoo!ニュース狙いで書いた記事でした。ニュース記事下に掲載される3〜4件の関連記事、そこを狙いました。ですから、そのニュースと被るようなタイトルにはせず、あえて「ファイル形式」としたのでした。

ソーシャル狙いのタイトルでしたら、「凄っ!1万切る価格だよコボタッチ」「うわっ!7980円だよ、コボタッチ。欲しい・・・。」など、あたかもその人が喋ったかのような感嘆詞を付けて投下します。

今回、くしくもYahoo!ニュースには取り上げられませんでしたが、即時投下したことで、競合が少なく、かつ上位表示もされ、そしてSERP内で比較して、偶然独自性を発揮したのでしょうね。スピードほんと大事。

ちなみに、書いた記事が検索結果にすぐ反映されるのかは、上図のように、Google検索して「キャッシュ」をクリックすれば反映日がわかります。公開日に近ければ「速くインデックスされるサイト」と言えます。

スマホと非スマホを比較するためのカスタム セグメント

スマホとそれ以外を比較するときには、Googleアナリティクスで、上図のようなカスタムセグメントを作ると良いでしょう。モバイルNoとするだけです。

もちろん、モバイルYesを除外でも同じ意味になります。
 

「以上、Googleアナリティクスを使ったページ評価でした。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑