メルカリで販売するメリットには匿名配送など3つある

メルカリは一品ごとに販売するプラットフォームですので、クリエイターではあまり使っていない人も多いのではないでしょうか。しかし、メルカリは慣れれば、配送も含め、非常にスキームがこなれていて販売がとても楽。さらには匿名配送がつかるため、個人情報をわたしたくない個人には、うれしいプラットフォームではないでしょうか。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

匿名配送でしか買えない人がいる

小学生や中学生など、保護者から通販で勝手にものを買うことを禁じられているケースも多いと思います。

しかし、メルカリであれば、匿名配送がつかえるため、そうした制限からは、一段ハードルはさがります。もちろん、メルカリのアカウントがない、という可能性はありますが、それこそ保護者が代理購入する、ということもありえるかと思います。

メルカリの最大の魅力は、多くの人がつかっているため、追加でアプリインストールをお願いする必要がないという点です。

メルカリ

日本のクリエイターエコノミーでは、クレジットカード決済が主流ですが、海外でいうPatreonのような強力な回収サイトがないため、お金のタッチポイントが課題です。しかし、メルカリでいけるのであれば、敷居はおおきく下がります。

匿名配送がつかえる、多くの人が使っている、という点がおおきなメリットです。

一点ものを販売する、物理の商品発想がともなう、という点をメリットが上回れば、非常に魅力的なマネタイズポイントです。

メルカリ以外で匿名配送が使えるサイト

メルカリ以外にも匿名配送をつかえるサイトがあります。クリエイター自身もプライバシーをまもりながら、創作活動に専念できるため便利です。

匿名で配送できるクロスフォリオ便はこんな感じに送られてくるよ!

>>Xfolio(クロスフォリオ) – クリエイターのための統合プラットフォーム

メルカリを軸にした創作活動例

  • Twitterにイラストを投稿
  • メルカリでイラストを販売
  • pixivにイラストを投稿
  • PIXIVFANBOXでサブスク

いまや、イラストレーターの重要な発信ツールとしてTwitterの存在は欠かせないでしょう。それと並行して、メルカリを運用していきますと、無理なく運営できます。メルカリは、出品や顧客対応の手間がすくないことも魅力です。

その過程で、イラスト制作のこぼれ話やデータをピクシブファンボックスで、定期的に配信し、サブスクとして継続的な支援を募れば、無理なくつづけやすいかと思います。

>>ピコピー☆ の出品した商品 – メルカリ

ピコピーさんは、コピックという画材をつかい、やわからなタッチで、かわいい女の子を描くイラストレーターです。メルカリですでに500件以上の評価をえている人気クリエイターです。

上記のたてつけをし活動をつづけています。メルカリでは、適正な価格でしっかり販売もされている姿は、多くのイラストレーターに共感をえられると思います。

  • 匿名配送でファンも買いやすい
  • メルカリのこなれたスキームが楽
  • Twitter、メルカリ、ピクシブファンボックスで無理なく活動

こうしたフレームワークはイラストレーターとして直接課金を目指すとき、おおいに参考になるのではないでしょうか。