サイトパフォーマンスの「ボトルネック」を探す方法

公開日: : サイト制作


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 最近、サイトのパフォーマンスが落ちてきたような。
 それで早速、Chromeのエクステンションを入れてみました。

 Getting Started with Speed Tracer – Google Web Toolkit – Google Code

 アクセス直後からデータの転送などのスピードを測れる優れもの。
 これで、どこがレスポンスのボトルネックになっているのか分かります。

 アクセス・・・・、

 グラフが動いていきます・・・、

 そこかぁぁぁーーー!!
 ボトルネック

 やはり外部読み込みのブログパーツ類が、ボトルネックに。

 少し整理したほうが良さそうですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑