stand.fmでライブ中にBGMを流す方法


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


スタンドエフエムライブ配信音源

先日、stand.fmでライブ配信でBGMを流した配信を行いました。思った以上に簡単にできましたので、共有します。

やはり、音楽があると安心感があるようで、まったく初めての配信だったのですが、夜23時以降という時間帯にも関わらず、常時3~5名のかたに入室していただけました。

本記事の執筆は、ポッドキャスト歴1年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年4月20日時点でのものです。ご注意ください。

stand.fmのライブ配信とは

現在国内の音声配信メディアには、Voicy、REC.、Radiotalkなど、多くのサービサーが展開していますが、stand.fmもその一つです。

なかでも、おしゃれなUIを実装したstand.fmはライブ配信ができるメディアとして、独自のポジションを築いています。

おすすめBGM

国内音声メディアで、2020年4月20日現在、YouTubeのようにJASRACなど権利団体と包括提携しているサービサーはいません。

ですから、BGMをかけたい場合は、自前で用意する必要があります。フリーの音源などでも良いのかもしれませんが、いずれにせよ利用規約を精査し、ライブ配信に問題なくつかえるか調べてから使います。

ただ私は、有料のものを使いました。このあたりは逆に、お金ですむことであれば投資をしたほうが、すっきりして良いです。

>>著作権フリーの音源・音楽素材なら56万点から選べるAudiostock(オーディオストック)
サイトで詳しく見る

audiostockは、Radiotalkとも提携している、安心のサービスです。

著作権、注意しましょう

あと、BGMはケチらないほうが良いです。少しでも耳障りに感じてしまうと、退出率が増えます。やはり6600円以上のものがおすすめです。

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

ライブ配信にBGMをつける方法

ミキサーとマイクを用意する

わたしが使っていますのは、TASCAM US-42Wです。とても安価で、レベルメーターが見やすいなど、非常に使いやすいです。ただ、生産終了しているため、見つけたら即購入がおすすめです。

TASCAM(タスカム) 家庭用放送機器(USBオーディオインターフェース) MiNiSTUDIO CREATOR US-42W | オーディオインターフェイス

TASCAM(タスカム) 家庭用放送機器(USBオーディオインターフェース) MiNiSTUDIO CREATOR US-42W
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

ちなみにマイクはそれほどこだわってはいません。マイク沼といって、ハマルとほんと、どんどん買いたくなります。わたしは、YouTubeの収録でも使っていますソニーのマイクです。ピンマイクにも使えるので、インタビューなどでも重宝しています。

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC60 ECM-PC60

マイクsony
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

サブアカウントを用意する

stand.fmでは、ホスト側であっても、特別な管理機能があるわけではありません。ここは今後に期待ですが(NGワード設定やブロックなど)、BGMを流すにしても自分で聴くことができないのです。
音声配信ライブ配信

もちろん、ミキサーでモニタリングすればいいのかもしれませんが、音声配信アプリというのは、デバイスやアプリによって、音声入力の感度がバラバラなのです。

ですから、サブのアカウントを用意し、あらかじめライブ配信に入室しておき、いち視聴者としてモニターすることが必要となります。

わたしは、最初かなり大きい音でBGMを流してしまいました。

実際のわたしのBGMを流したライブ配信はこちらになります。後半はだいぶマシになりましたが、プレイリストが途中で止まったり、かなり焦ったりして大変でした。

>>カグア飯 LIVE – カグア飯 | stand.fm
サイトで詳しく見る

ライブ中はできることはほぼない

残念ながら、2020年4月19日時点では、ホスト側でできることはほぼありません。というか、リスナーさんの画面とほぼ一緒です。アイコンメッセージがないくらい。
stand.fmでライブ配信

参加者リスト一覧などもありませんし、今後、NGワード設定やブロック機能くらいはつけてほしいなあとは思います。あと、常時表示させておく固定メッセージなど「入退出はご自由に!」や「今はxxxについて話してます」とかできると便利。

そして、ライブ配信終了後はアーカイブ化するかどうかを聞いてきますので、保存したい人はそこで保存して公開できます。とりあえず保存、というものはなく、保存=公開となります。

優木まおみさんが、この形式でやられていてうまいなあと思いました。ライブ配信を通常エピソードにしてしまえば、2回露出することになります。

>>letter from 優木まおみ LIVE#リスナー#参加型#生電話 | stand.fm
サイトで詳しく見る

ただ、タグの設定など細かい設定はできません。背景画像とタイトルのみです。

楽曲申請してみたい

stand.fmでライブ配信をするときに、楽曲申請するというリンクがあります。JASRACとNEXTONEです。

>>stand.fm楽曲利用申請
サイトで詳しく見る

これって、stand.fmが申請代行してくださるということなのでしょうか??もし、使用料も含めて代行してくださるなら神アプリ確定なのですが、さすがにそれはないですよね。。。

stand.fmってメニューからは明確なヘルプがないので、詳しい情報があると助かります。

ビデオグラファーのための 音声収録&整音ハンドブック (玄光社MOOK)

ビデオグラファーのための 音声収録&整音ハンドブック (玄光社MOOK)
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

まとめ

ライブ配信は、トークテーマに興味がある人が集まれば、とても楽しいです。いっぽうで、音声はホストがしゃべりまくるだけなので、途中からのゲスト出演も可能だと楽しいですね。

と、希望ばかり書いているような気がしますが、それくらいライブに期待している、楽しいということです。

オウンドメディアとして音声メディアを検討しているかたは、stand.fmを一度使ってみてはいかがでしょうか。

>>stand.fm (スタンドエフエム) | 音声配信を気軽にもっと楽しく | stand.fm
サイトで詳しく見る

おすすめですよ。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「ライブ配信」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑