PARK、業界大手がついに参入。クラウドワークスがしかけるスキル販売マーケットは個のためのインフラを目指す。今登録すると手数料0円です。

公開日: : 最終更新日:2021/11/17 ビジネス , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

パーク

クラウドソーシング大手のクラウドワークスが、スキル販売市場に参入です。PARKというスキル販売サイトを立ち上げ、個人のスキルを販売を促進しさらにはオンラインサロンなど、コミュニティとしても成長を目指すとのことですが、果たして。

PARKとは~PARKが目指すところ

クラウドワークス

PARKとは、クラウドソーシング大手クラウドワークスが2021年12月にたちあげますスキル販売マーケットです。

>>PARK|スキルを売るなら ファンとつながる、ひろがるPARK

「PARK|スキルを売るなら ファンとつながる、ひろがるPARK」というように、今後はオンラインサロン機能など、他のスキル販売マーケットではないコミュニティ機能やファンテック(サブスクなどファン支援サービス)をとりこんでいくと見られます。

クラウドワークスは今年で10周年をむかえ、これまでB2Bの法人アウトソース需要をとりこんで成長してきました。そして次の10年は個人にもフォーカスをあてるべくミッション刷新を発表しています。

クラウドワークス、創立10周年の節目にミッションを変更し新たな事業展開へ ~新ミッション「個のためのインフラになる」~

個人間のスキル販売市場とは

個人間のスキル販売では、すでにココナラが多くのユーザーを獲得しています。

ココナラ

また、同じクラウドソーシング大手のランサーズも、スキルセットとしての販売はメニューとして、存在しています。

ココナラは、公開情報からも売上や流通額が安定して成長し、今後も成長が見込まれており、個人間のスキル売買の市場は今後も有望とみていいでしょう。

>>ココナラ、営業収益は前年比+55%と好調 FY2022は積極的マーケティング投資でさらなる事業拡大へ

また、オンラインレッスンということでは、ストアカやミルームなど、すでに先行して売上を伸ばしているサービスも多くありまうs.

そういう点で、クラウドワークスは、最後発といってもいい立ち位置となります。勝率をたかめるために、PARKがとる打ち手をみていきます。

PARKが先行企業を抜くために

期間限定ながら利用料手数料0円

PARK

大胆な施策は大胆にやってこそ生きるものです。クラウドワークスはそういう勝負どころをよく理解していると思います。

他社では類をみない利用料手数料0円を打ち出しました。ベータ期間中登録者限定で、約1年という期間限定ながら、これはインパクトがあります。

とくに個人間のスキル販売となりますと、数千円といった少額決済が多くなる傾向があります。そこでは手数料は低いに越したことはありません。他社との比較でおおいにアドバンテージを感じられる料率です。

オンラインサロンなどコミュニティ重視

すでに以下の機能実装を予告しています。

  • LINEで購入通知が届く
  • オンラインサロンを開設できる
  • あなたのストーリーが伝わる

LINE通知やストーリーが伝わる(ブログ?)あたりは、ほかでも実装できそうですが、オンラインサロンの機能は、他社ではきいたことはありません。

オンラインサロンのプラットフォームは、課金とユーザー管理機能というハードルの高いシステムですので、提供しているプラットフォームはじつは少ないのです。たとえば、DMMオンラインサロンでは、料金徴収などはDMMが行いますが、交流などはFacebookをつかっているサロンも少なくありません。

そこを、クラウドワークスは取りにいくように見えます。

実際、コミュニティ市場を取りにいこうというプラットフォームは増えていて、音声配信のstand.fmも先日、メンバーシップ機能を実装し、音声配信者がサブスクの会員機能を発表したところです。

完全独自ネームの本気度

今回わたしがもっとも期待した点は、クラウドワークスのブランドをつかわず、完全オリジナルブランドで立ち上げたという点です。

これは今後の10年を本気でこのブランドをゼロから育てていく、という覚悟の現れとみます。ふつうに考えれば、PARKなどという検索でおおいに他とかぶりそうな短い名前で(SEOで上位表示は難しい道を選んだ)、知名度ゼロからはじめる、ということはそれなりのリソースを、本気で長期に投入するはずです。

実際、他の派生サービスはかならずクラウドなんちゃらといったブランド転用をして、サービス開始をスムーズに立ち上げています。

ここまで堅調に事業を成長させてきたクラウドワークスがここまで本気で、自らを追い込んで立ち上げたサービスですから、かたてまでやっていこうということはないはずです。大手だからxxもやりました的なサービスはたいてい本家に負けます。しかし、クラウドワークはあえて茨の道を選んできたように思うわけで、それは本気でよいサービスがうまれる可能性を感じるのでした。

新事業では熱量がものすごい大事で、今後、ココナラやストアカ、そしてランサーズスキル販売を、どこまで追撃できるのか、注目です。

さっそく登録しました

ステマでもなんでもなく、わたしは早速登録しました。登録自体は無料ですので、みなさんもぜひ登録してみて下さい。

>>PARK|スキルを売るなら ファンとつながる、ひろがるPARK

そして、紹介者の欄があると思いますので、【Twitter:yoshiyoshinews】を送信してみてください。わたしもどういうことがあるのかわかりませんが、いっしょに良いサービスとして成長していければと思いますので、なにかしら関わればと思います。

新しい在宅ワーク クラウドソーシング超入門 クラウドワークス公認版 (impress QuickBooks) | 佐藤 厚

新しい在宅ワーク クラウドソーシング超入門 クラウドワークス公認版 (impress QuickBooks)
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑