【カスタム変数】タブレットユーザーで縦横別のCVを見る


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


タブレット(縦・横)

上図によるとAndroidタブレットがだいぶ元気になった感じですね。

7インチタブレットはポートレイト(縦持ち)での利用が多そうですが、iPadなど10インチではどうなのでしょうか。いろいろと調べてみました。

レスポンシブ+画面の向き

レスポンシブ

レスポンシブWebにすれば、PC、タブレット縦、タブレット横、スマホとレイアウトを変えられます。

また、画面の向きや幅を調べれば動的に、表示させるバナーなどを変えることが出来、違った導線を引くことが出来ます。

カスタム変数に画面の向きを入れる

カスタム変数に画面の向き

JavaScriptを使いますと、画面の向きを調べることが可能です。取得した値をカスタム変数のページスコープに入れています。セッションスコープか迷いましたが、ページによって向きを変えるかな?と仮定し、とりあえず運用してみました。

コンシューマー向けのあるサイトのデータ。ポートレイトのほうが平均PVが高い傾向があります。

ポートレイトのほうがCVが高かったが

ピボットテーブル

カスタムレポートを組んで、ピボットしてみました。コンバージョンと画面の向きと時間帯を調べてみました。

サンプルが少ないのであくまで参考値ですが、ポートレイトのほうがCVしてました。あとは、夜遅くにゆっくりみている、という傾向がありました。

情報量が増えたランドスケープの時には、平均PVは増えるものの、CVするかどうかは内容による、という感じなのかな。今後も、引き続きウォッチしますー。
 

「Nexus7、やっぱり増えてる。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑