Googleアナリティクスの標準レポートを作り変える方法

公開日: : 最終更新日:2012/01/31 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


作りかえるは言い過ぎですが、元にしてカスタムレポートを作れる、という話。

とくに裏技でも何でもないのですが、新しいGoogleアナリティクスの標準レポートに「カスタマイズ」というボタンが実装されました。

こちらをクリックしますと、そのレポートのディメンションや指標を元にしたカスタムレポートが、自動生成されます。後は、それを元に自分好みに作りかえていけばイイのです。

ただ、全部のメニューに「カスタマイズ」ボタンがあるかというと、半分くらいといった印象。2012年1月28日現在、カスタマイズ出来るのは以下です。

ユーザー>ユーザーの分布>言語
ユーザー>ユーザーの分布>カスタム変数
ユーザー>ユーザーの分布>ユーザー定義
ユーザー>ユーザーの行動>新規とリピーター
ユーザー>ユーザーの環境>ブラウザとOS
ユーザー>ユーザーの環境>ネットワーク
ユーザー>ソーシャル>エンゲージメント
ユーザー>ソーシャル>エンゲージメント
ユーザー>ソーシャル>アクション
ユーザー>ソーシャル>ページ
ユーザー>モバイル>サマリー
広告>AdWords>キャンペーン
広告>AdWords>広告キーワード
広告>AdWords>一致した検索クエリ
広告>AdWords>時間別
広告>AdWords>リンク先URL
広告>AdWords>プレースメント
広告>AdWords>キーワードの掲載順位
広告>AdWords>テレビ広告
トラフィック>検索エンジン最適化>検索クエリ
トラフィック>検索エンジン最適化>ランディングページ
トラフィック>検索エンジン最適化>地域別サマリー
コンテンツ>サイトコンテンツ>ディレクトリ
コンテンツ>サイトコンテンツ>離脱ページ
コンテンツ>サイト内検索>利用状況
コンテンツ>サイト内検索>サイト内クエリ
コンテンツ>サイト内検索>検索ページ分析
コンテンツ>イベント>上位のイベント
コンテンツ>イベント>ページ
コンテンツ>AdSense ※アカウント非保持のため未調査
コンバージョン>目標>目標URL
コンバージョン>目標>目標への遷移
コンバージョン>eコマース>商品の販売状況
コンバージョン>eコマース>販売実績
コンバージョン>eコマース>トランザクション

サイトコンテンツのランディングぺージが出来ないなど、意外ですね。ただまた突然出来るようになるかもしれませんけどね。ただ、「目標への遷移」ですが、これは残念ながら再現されていませんでした。ディメンションが3つもあるので、まさかとは思ったんですが・・・。
 

完全独習 統計学入門
みんな読んでる。

完全独習 統計学入門

posted with amazlet at 12.01.28
小島 寛之
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4786

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑