THETA V で赤く点灯して充電できない修理は20240円


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


THETA V 故障

赤くLEDが点灯して充電ができなくなったTHETA V。RICOHのサポートに連絡をして集荷をしてもらってから、ついにTHETA V が修理から戻ってきました。

結論としては、内蔵バッテリーが不活性化しているため本体交換、とのことで送料込みで修理に20240円(税込)かかりました。

本記事の執筆は、Googleマップ認定フォトグラファーのカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年6月6日時点でのものです。ご注意ください。

THETA Vが充電できない

しばらくTHETA Vをつかっておらず、ひさしぶりに出して充電しようとしたら、いっしゅん緑に点灯し、その後、もわ~っと赤くLEDが点灯し、けっきょく充電ができないトラブルに見まわれました。
THETA V 故障

調べると、ネットでもこうしたTHETA Vが充電できないトラブルに合われているかたがいらっしゃるようでした。

>>価格.com – 『赤ランプで使用できない…同じ症状の方いらっしゃいます?』 リコー RICOH THETA V のクチコミ掲示板
サイトで詳しく見る

結局、修理に出しましたが、回路故障だそうです。購入から1年以上経っているので有償修理。修理といっても360°カメラで分解できない為、税込み19,800円で新品と交換です。購入してから1年以上経っているとはいえ、使用は10回もないです。なのに回路故障って…

これか・・・。

諦めてリコーのサポートへ電話しました。おそらくバッテリーの不活性化によるものではないかと。

ただ・・・付属のUSBケーブルは無くしていました。なので、言われた「何回か充電を試して、バッテリーの再活性化を試してほしい」という対応はできないのでした。

そのことを伝えると、集荷をするので修理依頼書を書いて送ってほしいとのことでした。

リコーの公式サイトからPDFをダウンロードし、記入し集荷のお願いをしました。
>>修理受付/修理受付窓口 [ 日本国内 ] RICOH IMAGING
サイトで詳しく見る

修理依頼書に書いて、製品を集荷してもらいました。
THETA V 修理

THETAはパソコンが必須

これ、今の今まで知りませんでした、というかまったく認識していませんでした。マニュアルにしっかりと書かれているのですね。というか、そんなことを書いているニュースサイトなど、見た記憶がありません。
THETA V 修理

>>RICOH THETA – 使用説明書
サイトで詳しく見る

付属のUSBケーブルを使って、カメラとパソコンを接続する。充電には付属のUSBケーブルをご使用ください。

そして、他のページにはこうも書いてあります。PC以外から充電すると、保証対象外だそうです。ひえー!

>>対応している充電の方法を教えてください。 [RICOH THETA S/SC] | RICOH THETA
サイトで詳しく見る

ICOH THETA S/SCに付属のUSBケーブルでPCに接続してください。

また、同様に下記の機器を接続した場合の動作確認をしています。ただし保証対象外になります

知らなかった(´・ω・`)

THETA Vの充電問題

調べてみると、ネットではすでに多くのこの問題にふれている記事が見つかりました。こんなことになっていたのですね・・・。

こちらの記事が、とても詳しく書かれていて、THETA Vの充電の特異的な状況がよくわかりました。

>>RICHO Theta Sを使う(4) 外部電源の供給 – タイムラプスいろいろ
サイトで詳しく見る

Thetaの電源は本体下部にあるMicro USBの端子に5Vを供給しなければなりません(中略)調べてみるとなるほどThetaは結構電流喰いで2A以上の電流容量が必要

とのこと。モバイルバッテリーとの接続を試みたかたのレポートでは、ANKERがダメだったショック!みたいな記事がたくさん見つかりました。こうした電源供給のデリケートな仕様から、きているのでしょう。

付属のUSBケーブルにはノイズフィルタのような突起もあり、サポートに問い合わせるときも、このことをしつこく言われたという記事も見つかりました。(付属のUSBケーブルでPCでしか充電をサポートしていない)

充電、こんなにシビアだったのか

ただ、この方法ですと満充電に3時間かかるのですよね・・・。

公式サイトをみたら、こんなに小さく書かれてた。こりゃひどいよ・・・。しかも公式サイトにあるPDFファイルの「はじめようTHETAやさしぎるトリセツ」には、充電のことが一言も書かれていない。
シータV

充電がシビアなら、せめて充電器はつけてほしいなあ。ちょっとサポートさんの対応は、とても親切だったけど、売り方はちょっと不誠実だと思う。専用充電器つければいいだけのことなのに・・・。PCもってない人はどうするんだ、これ。

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

THETA Vが修理からもどってきた

交換にかかったのは20240円です。代引きで受け取りました。
THETA V 修理

新品と交換です。本体メモリも、シリアル番号も変わっています(サポートからは確認の連絡がもちろんありました)。

ハブではなく、パソコン本体から充電せよ、とのことなので本体のUSBと純正のUSBケーブルを接続したところ、充電しはじめました。良かった。
THETA V 修理

とりあえず、公式サイトからパソコン用アプリをダウンロードし、満充電をまってファームウェアのアップデートを行いたいと思います。そのあとは、Googleストリートビューアプリとの接続などなど。

この修理に対する保証は、6ヶ月とのことですので、それまではしっかりマニュアルどおりの運用をしようと思います。

お疲れ様でした。

RICOH THETA Z1 ブラック

RICOH THETA Z1 ブラック 360度カメラ 1.0型裏面照射型CMOSセンサー搭載 23MP高解像静止画 手ブレ補正機能搭載 4K動画 360度空間音声 RAW現像対応 高速無線転送 リコーシータ独自の高精度なスティッチング技術 THETAシリーズのフラッグシップモデル ビジネスシーンで大活躍 910774
Amazonで詳しく見る

関連情報リンク

公式Facebookアカウントでも、とにかく、専用ケーブルとPCをひたすら勧めています。

>>(3) RICOH THETA – 投稿
サイトで詳しく見る

THETA SCでも充電問題。ANKERのモバイル充電器でも使えるものと、差込口によっては使えるものとがある。

>>Theta SC が充電できない。PC以外でのシータ充電可否の個人的メモ。 – モノ好き。ブログ
サイトで詳しく見る

ケーブルも、充電専用USBケーブルのものを使うと充電できるようです。

>>超愉快な「THETA S」、Anker製品と相性アリ? – ケータイ Watch Watch
サイトで詳しく見る

エレコム「DE-M01L-7034」なら、半分の時間で充電ができたとの記事。

>>RICOHの「THETA s」をモバイルバッテリーで充電してみた | 徒然日記
サイトで詳しく見る

電源ボタン長押しで本体リセット。データを全消去したはずなのに、残っててアップデートできない症状だったそうです。

>>《リコーシータが壊れた?》赤ランプ点滅ピピピッってマジ勘弁して!治せるの? – 腐ったみかんは俺かお前か?
サイトで詳しく見る

初期設定まわりのまとめ記事。APモードのチェックなど。

>>RICOH Theta V買ったときやった初期設定 – Qiita
サイトで詳しく見る

まとめ

まさかのTHETA Vの修理でしたが、結局新品交換という結末でした。とりあえず、撮影したい場所も増えてきましたので、どんどん撮って、Googleストリートビューにアップしたいと思います。

  • THETAはパソコン充電が必須
  • iPhoneなどの充電器も対応している保証外
  • 修理したら約2万円の新品交換

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑