同僚にも教えたい、離脱ページの簡単チェック方法

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 コンバージョン、UI


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


あなたは、離脱ページを定期チェックしていますか?

離脱ページは、ユーザーが最後に見たページです。例えば、注文完了ページの前に、注文確認ページがあるショップなどで、注文確認ページで離脱されていたら、残念なわけです。

コンテン > 離脱ページ で確認します。

離脱ページの上位10ページが表示されます。
 しかし、前述のような元々アクセスの少ないページは、上位に表示されることは少ないでしょうから、ページ下の検索欄でページ名を検索してチェックします。

そして、離脱ページをクリックしますと、詳細がわかります。

分析ページメニューで、「ナビゲーション一覧」 を選択。すると、直前のページがわかります。

Google Analytics 、離脱ページ、ページナビゲーション

・ページ別の参照元
・ページ別のキーワード

などを見ますと、離脱したユーザーの流入がわかります。そこから、離脱したユーザーの傾向を読み取り、対策を講じると良いでしょう。

「最後のページ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑