常連率、あなたのサイトは何%?

公開日: : 最終更新日:2015/02/25 コラム


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


あなたのサイトの常連率は何%ですか?

Google Analytics では、リピーターが、単なるリピートセッションなのか、常連客なのか、残念ながら区別できません。

ただ、サイトパワーを測る指標として、把握しておきたいのは「常連率」ではないでしょうか。

月単位で常連を調べる~アドバンス セグメントで絞り込み

レポート画面で、期間指定をして1ヶ月選択します。

アドバンス セグメント > リピーター で絞り込み、9回以上のリピートセッションを「常連」と仮に定義しましょう。

Google Analytics リピーターと常連率
上記の例ですと、9回以上のリピートセッション数は648となり、
ユーザーサマリーで見てみますと、・全セッション 6478・新規セッション率 65.5%・常連率 10%
うちのサイトは、「全セッションのうち、約6割が新規、常連が1割」だ。などと把握しておくと、何かのときに役立つかと思います。

日単位で常連を調べる~ユーザー>リピート訪問数

ある特定の1日だけでユニークユーザー数を見てみます。

 例:6/11 108UU6/12 96UU6/11-6/12 155UU

単純に合計しますと、108+96=204UU になりそうものですが、集計期間を変えてカウントしますと、重複分を省いてくれるのです。

上記の例では、重複した204-155=49UU が、前日と重複しているUUと言えます。

この49UUが連続訪問している常連かどうかは、わかりません。しかし、2日連続でブランドにふれてもらっている、貴重なユーザーとも言えます。

イベントを毎日開催するような更新の早いサイトでは、把握しておきたい数値かと思います。

Feed登録数を把握する~PVかEventカウントか

RSS購読してもらえた場合も、常連率が高くなると予想できます。では、フィード登録をカウントしてみましょう。

カウント方法ですが2種類のメソッドが使えます。※メソッド挿入部分より上に、アナリティクスタグが挿入されていること。

コンバージョンを取りたい場合は、trackPageview()、PVとしてカウントしたくない場合は、trackEvent()、です。ソースは以下。

コンバージョンとしてカウントしたい場合(PVにカウントされる)

PVにカウントしたくない場合(イベントとして分析したい)

FEED登録の傾向を分析したい場合は、コンバージョンとして設定できるtrackPageviewメソッドが便利です。

RSSフィードの登録をした人が、どういうキーワードで訪問したのか、平均何ページ見ているのか、など詳細に分析できます。

一方、trackPageviewメソッドは、PVとしてカウントされてしまうので、厳密なPVのレポートを要求されるサイトの場合は、イベントで管理したほうが無難。

「あなたのサイトの常連率は何%ですか?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑