Twitterに自動投稿!検索キーワードbotの作り方

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 API


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Google Analytics APIからつぶやきます。TwitterBOT作成

追記:2015年4月6日

すでに同等のサービスがありますので、それらを利用したほうが効率的かもしれません。

RSSフィードをツイートできる。
>>dlvr.it: share better
>>twitterfeed.com : feed your blog to twitter

Google Analytics APIを使ってキーワードを取得し、その中からランダムでTwitterにキーワードをつぶやくBotです。

Google Analytics キーワードつぶやきBotレシピ

・Google Analytics API
・Twitterアカウント
・Bot用アイコン画像
・ライブラリ googleanalytics.class.php
・cronの使えるサーバー

Google Analytics APIの準備

Google Analytics APIの取得については、こちらが詳しい。

>>「Google Analytics API 」をPHPから便利に使えるクラスライブラリ:phpspot開発日誌

上記ライブラリをダウンロードし、インクルード。とりあえず上記ライブラリを使えば、簡単にGoogle Analytics の値は取得できるので、あとは、TwitterAPIに渡すだけ。

TwitterAPIへの渡し方

とりあえず、Twitterにつぶやくには、http://twitter.com/statuses/update.xmlをたたけば良いっぽい。

ただ、当ブログのサーバーでは、認証でCURLしか使えない模様。ここでチトつまづきました。でも、Twitterでつぶやいたところ、多くの方にアドバイス頂きました。多謝。

で、あとは、サーバー側でcron設定して、定期的につぶやくようにすればおk。

まあ、認証はもっとスマートな方法があると思うので、他のTwitter関連エントリーを、参考にしてくんなまし。

Google Analytics キーワードつぶやきBotの応用方法

とりあえず、Google Analytics APIで取得時に、

‘filters’=>urlencode(‘ga:keyword=@ごにょごにょ’),

とかして、コンバージョンが高そうなフレーズのみ取得して、ストリーム系サイトで流しっぱなしにするのも、オサレかと。

>>Twitter Stream

サブディスプレイに表示しておいて、訪問キーワードを注視してれば、サイト改善の神様が下りてくるかも。

というわけで、Botはこちらです。

>>僕ちゃん (boku_chan) on Twitter


Twitter API ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE): 山本 裕介: 本


Twitter API プログラミング: 辻村 浩: 本

「botも有益情報を流すぶんには便利に思ってもらえる。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑