*

IPアドレスやユーザー定義を使わずに簡単に自アクセスを除外する方法(Googleアナリティクス版)

公開日: : トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



IPアドレスが変わる場合でも除外出来ます。


PHPを使っていますので、プログラミング知識が必要だったり、外部のサーバーをお持ちでない場合には使えませんが、一旦設置してしまえば気軽に使えますので、制作会社の方が、クライアントにも薦められるコードにしました。


自アクセスの除外のデモをまずはどうぞ


以下のURLを入力し、あなたのサイトにアクセスしてみて下さい。Yahoo!のところをご自身のものに変えればOKです。

http://www.kagua.biz/jogai.php?url=http://www.yahoo.co.jp


どうでしょうか。普通に表示されたと思います。翌日、あなたのGoogleアナリティクスを見てみて下さい。後述の操作で、ホスト名を見ると、www.kagua.bizが記録されているはずです。


つまり、カスタムフィルタで、これを除外すればいいのです。


自アクセス除外のスクリプトを考えたきっかけ


Googleアナリティクスのカスタムフィルターは、特定のアクセスを除外したくとも、意外と選択肢が少ないものです。


IPアドレスが固定であれば、(最近は入力フォーム形式になったので)最も除外しやすいと思います。しかし、IPアドレスが変わってしまうモバイルなどの場合、ちょっと難しい。


また、ユーザー定義で一度クッキーに記録しておき、それを除外する方法もあります。こちらは、Cookieに記述するための自分達しか知らないページを作る必要性があります。


他の方法を試案しようにも、そもそもカスタムフィルターで除外する際には、以下の項目でなければ対象に出来ない・・・。普通のサイトですと、キャンペーンとかeコマースとか馴染みが少ないかと。


まあ勿論、ブラウザを偽装するアドオンなどで、任意のブラウザ名でアクセスして、それを除外してもいいのですが、なかなか他の人にはススメ辛いですよね。そこで思い立ったのがホスト名を使うことでした。


Google Analytics のホスト名とは


皆さんも、このパラメータを不思議に思ったことはありませんか?

◆Google Analytics でホスト名を見る
(旧バージョン)ユーザー>ネットワーク環境>ホスト名
(新バージョン)ユーザー>ユーザーの環境>ネットワーク>(表示中のセグメント)ホスト名


自分サイトのドメイン、あるいはGoogle翻訳など、2〜3サイトくらいしか表示されずに、何だろうなぁと不思議に思った人も多いのではないでしょうか。


実はこれ、どのホスト(ドメイン)上でリクエストがあったかを記録するパラメータなのです。


リクエストのレベルでコールされないとイケナイので、iFrameで別ドメインを呼び出す程度では記録されないのです。ですから、Google翻訳のように本文を変えるようなサイトですと、記録されているわけですね。


たった数行のプログラムで除外できます


PHPには、file_get_contents()というファイルを読み込む便利な命令があるので、これを使います。


jogai.phpのあと?url=の後にアクセスしたいURLを書いてアクセスすれば、そのホスト経由でのアクセスになります。これで、カスタムフィルターでホスト名除外すればOKです。手入力で1ページづつURLを調べるのでしたら、4、5行目さえ必要ありません。

◆jogai.php
<?php
$url = $_GET['url'];
$buf = mb_convert_encoding(file_get_contents( $url ), ‘UTF-8′, ‘auto’);
$rpr = ‘<a href=”設置ドメイン/jogai.php?url=’ .$url; //サイト内リンク変換用
$newstr = str_replace(‘<a href=”‘, $rpr, $buf); //サイト内リンク変換用
echo $newstr;
?>


あとは、サイト内リンクの記述法則を考慮して、HTML内の<A>タグを、全てそれ経由に書き換えればOKです。


・・・と簡単そうに書きましたが、そのあたりはサイトによってまちまちだと思いますので、上記コードで対応していないことを列挙しますね。


・文字コード変換に対応していません。※UTF-8のサイトは大丈夫。
・サイト内の回遊は、Aタグで、<a href=”〜”となっているURLを変換していますので、それ以外の表記をされてますとスルーされてしまいます。
・Flash、jQuery など高度な遷移は非対応。
・サイト内リンクの表記ぶれも非対応(/hoge.html、と./hoge.htmlなど)。


まだまだやることはたくさんありますが、この方法を書いているエントリーもあまり見ないので、書いてみました。


自分のアクセスを遮断する設定例


ですから、後はカスタムフィルタに除外の設定をすればOKです(以下は例)。予め複製したプロファイルにかけるなどして、原本のプロファイルは残しておくと良いでしょう。


Googleアナリティクスのホスト名に、経由したドメインが記録されたことを確認してから、それをそのまま設定すれば確実です。
 

書くことが思いつかない人のための文章教室 (幻冬舎新書)
近藤 勝重
幻冬舎
売り上げランキング: 6

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑