*

SEO効果を上げるために私が毎日している絞り込みアプローチ

公開日: : 最終更新日:2015/07/13 SEO


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

google-images-454541_640

どこから手をつけていくのか。

ウェブマスターツールはキーワードの宝庫だけど

このブログを読んでいる方は、もうすでにウェブマスターツールをGoogleアナリティクスに連携していると思います。

(not provided)の無い、キーワードの宝庫ですよね。

でも、保存期間が2ヶ月だったり、まああくまで参考値だったりと、その活用は難しかったりしませんか。

そこで、私が毎日チェックしていますアプローチ方法をご紹介します。

改善可能なキーワードを見つける

ウェブマスターツールで見るところ

Googleアナリティクスで、集客>検索エンジン最適化>検索クエリ としましたら、上図のようにアドバンスフィルターをかけます。

1.ブランドワードを除外する
(ブランドワードは一般的にCVRも高く、すでに来る気満々なのでメスを入れる優先度は低くて良い。)

2.平均掲載順位が10位より上
(1ページ目に表示されている、という意味ですね。)

3.CTRが5%未満
1ページ目に表示されてるにもかかわらず、なぜクリックされないのか?

ということを、表示件数が多い(ボリュームが多い)順に、上からチェックしていけばいいわけです。

SEO効果を上げるための考え方

ポイントは3番目ですよね。

1ページ目に表示されテイルにもかかわらず、低いクリック率ということは、何らかの原因があるはずです。

実際に、そのキーワードで検索し、検索ニーズ、競合、そして自社のタイトルとデスクリプションをチェックします。

どっちがわるいのか?

・タイトルは30文字程度、デスクリプションは110文字程度でちゃんと表示されているか?
・検索キーワードのニーズを満たすことを伝える文章になっているか?
・上位の検索結果よりもアピールできてるか?

などを検討し、そのページのタイトルタグとメタタグデスクリプションをチューニングするのです。

すでに良い位置に来ているページで、第1印象で存していたら勿体無いですよね、という話です。

すでに高いCTRのもの強化する

前述のフィルタでは、チェックする効率優先でしCTR5%未満に絞り込みました。

いっぽうで、すでに成果を上げているものを調べ、そのページの誘引力を利用することも重要です。

せっかく高CTRを誇っているわけですから、そのページ内に関連記事へのリンクを手動で入れたり、CVへの導線やバナーを強調したり、とさらに成果を伸ばす施策をうつわけですね。

自分たちだけでできることを、地道に積み重ねることが重要です。

そうやってサイトは成長させていくものだと思います。

PS そういえば恥ずかしながら、松尾さんの書籍、つい最近読んだんですよ。やっぱりいいですね。具体的で身の丈にあった実践を、積み重ねる大切さが伝わってきます。オススメ。

「見込みある、ページやワードを見逃さないで。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人として出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑