*

改善点を教えてくれる「加重並べ替え」は自動なのに超ツカエル!

公開日: : 最終更新日:2010/10/05 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

加重並び替え


 Google Analytics にまた、便利な機能が実装されました!
 その名も、「加重並べ替え」です。

 

1.加重並べ替えとは?


 こちらに詳しく解説されています。


 グーグルアナリティクスの加重並び替え機能とは?


 例えば、直帰率を改善したいときに、まず直帰率の高い順に並べ替えます。


 しかし、そのとき、セッション数1の直帰率100%ものから改善するよりは、
 セッション数が1000もある直帰率90%を改善したほうが、効果は高くなるはず。


 というように、Google Analytics が自動で第2の指標で並べ替えをしてくれ
 示してくれる機能、それが加重並び替えです。

 

2.加重並べ替えは、どんな時に使えるのか


 そもそも、「改善をしたい!」ということで並べ替えをしませんと、
 その加重並び替えチェックが出てきません。


 これも、ススムカタチさんのエントリーで、その条件を紹介してくれています。


 1例を紹介しますと、たとえば以下のように操作してみて下さい。
 トラフィック>>キーワード、[目標タブ]、コンバージョン率で並べ替え
 加重並び替え


 「加重並べ替え」が表示されました。


 ガンダムUCで言えば、デストロイモード発動です


 参考:MS/MECHANIC | 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]
 加重並び替え


 そこで、早速、加重並べ替えをチェックします。
 加重並び替え


 コンバージョン率が高く、さらにセッション数の多い順に並べ替えてくれました。


 これはGoogle Analytics が自動で、「CV率100%でもセッション数1じゃ当たり前じゃネ?
 こっちのキーワードの方が数多いYO!レッツ改善!
 ・・・と自動で察してくれ、セッション数でも並べ替えてくれるわけです。素晴らしい。


 これで、コンバージョン率が高く、セッション数の多い、
 注目すべきキーワードを知ることが出来ましたね!

 

3.「加重並べ替え」発動、君は真実を知る


 ところで、なんと、当ブログ、
 「できるグーグルアナリティクス」で、こんなにもコンバージョンしてました・・・。


 著者様、ごめんなさい・・・
 (いや、ちゃんと紹介も何度もしてますよっ!!(汗)


 これは何か対策せねば・・・。


 さて、まとめますと、優先すべき改善点を自動で教えてくれる「加重並べ替え」では、
 以下のようなことが言えるかと。


 ・直帰率や$インデックスなど、重視される指標で頻出
 ・とくに効果が高いと思われる指標で、さらに並べ替えてくれる
 ・加重並べ替えは、Google Analytics のデストロイモードだ
 <<っておい。


 というわけで皆さんも、どんどん「加重並べ替え」を発動させて、レッツ改善!

 

できる100ワザ Google Analytics 増補改訂版 SEO&SEMを強化する新・アクセス解析術
大内 範行 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 12386
おすすめ度の平均: 4.5

4 わかりずらい言葉も丁寧に解説
4 analytics機能強化に伴い、こちらも増補改定
5 サイトの強み&弱み把握に最適


 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑