*

設定無しで分析!B2Bサイトで問合せを増やす方法

公開日: : Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 設定無しで分析!


 B2Bサイトでは、問い合わせを増やすことが重要です。
 見に来てもらった人を分析し、せっかくの訪問
 無駄にしないようにしたいものです。

 

Google Analytics 操作方法


 コンテンツ>上位のコンテンツ とし、
 問い合わせページを探します。


 見つけた問い合わせページのアドレスをクリック
 さらに、分析メニューから「ナビゲーション一覧」を選びます。


 設定無しで分析!Google Analytics


 問い合わせページがわからないという人は、
 実際にアクセスしてみて、問い合わせページを表示させ、
 URLを確認してみると良いでしょう。


 ちなみに、「上位のコンテンツ」というメニューは、
 あなたのサイトの人気ページを一覧してくれます。

 

ナビゲーション一覧とは


 「ナビゲーション一覧」という操作は、そのページのアクセス元と、
 その後どのページに行ったか(去ってしまったのか)を調べられます。


 B2Bサイトでは、問い合わせをいかに増やすかが、とても重要です。
 その問い合わせ自体は、そのページからしか行われないはずです。
 ですから、その前後をしっかり吟味しよう、というのです。


 Google Analytics 事例1


 上図はある加工メーカーのサイトです。
 問い合わせページへは、seihintopindexからの誘導が多い一方で、
 その後も7割は違うページを閲覧し、離脱は2割程度に留まっています。


 問い合わせフォームは見たものの、他のページを見てみよう・・・、
 そんな迷いも見えてきそうです。
 問い合わせフォームに、迷いを断ち切る工夫をしてみてはいかがでしょうか。


 対策例:「今月はあと1社様のみ!」と記載。型紙カタログ無料送付・・・など。


 問い合わせ送信よりも、少し敷居の低い接点を提示してみましょう。

 

問い合わせを増やすための施策例


 では、いくつか事例を見てみましょう。


 Google Analytics 事例2


 こちらはある食品メーカーの問い合わせページへの導線です。
 こちらも問い合わせページ表示後の離脱が少なく善戦しています。


 しかし、一方でsitemapからの誘導が目立ちます。
 サイとマップとはサイトの一覧ページです。ユーザーに「問い合わせ」を探させて
 しまっていた
ようです。


 対策例:問い合わせボタンを目立つようにしてみる等


 Google Analytics 事例3


 こちらはあるサービス業のサイトです。
 ブログ形式で運営され主にSEOで集客をしています。


 ですから、サイドバーなどにも多くのリンクやキーワードが配置され、
 問い合わせページも検索によくヒットするそうです。


 ですから、「閲覧開始」になっている率が4割と多く、
 (いきなり問い合わせに来るわけですから)去ってしまう(離脱)率も
 それなりの数
になっていると言えます。


 勿論他ページも要吟味ですが、少々SEOに頼りすぎて集客の精度が低いのかもしれません。


 対策例:キーワードを見直し、SEO対策を再考してみる等

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑