*

今さら聞けないアクセス解析用語その2~解答編

公開日: : Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 アクセス解析用語

 前回のクイズの解答です。
 アクセス解析の用語というより、ビジネスにおける用語とも言えるかも。

 

KPI(key performance indicator)ケイピーアイ


 経営上、重要な業績評価の指標。
 例えば、「会員登録数」「訪問回数」「申込件数」「問合せ数」「歩留まり率」など。
 売上など最終目的に向けた中間的数値指標となります。

 

KGI(key goal indicator)ケイジーアイ


 経営上、重要な目標達成の指標。
 「売上高」「利益率」「成約件数」など、重要な指標です。

 

費用対効果


 支出した費用に対して得られる効果を言います。
 例えば、支出100万円で10万円の利益、支出100万円で5万円の利益、
 とすると前者のほうが費用対効果が高いと言えます。

 

ROI(Return On Investment)リターン・オン・インベストメント


 投資した費用に対する効果。
 具体的には次の式で得られる投資利益率を指しROI=利益÷投資で得られます。
 例えば、広告10万円で広告経由で100万円売上げ、その商品の利益率が20%としますと、
 広告経由の利益は100万円×20%=20万円。


 したがって、ROI=20万円÷10万円=2
 ROIが1よりも大きいため、この投資は効果があったと判断可能。

 

CVR(ConVersion Rate)コンバージョンレート


 見込み客が購買客になるなど、顧客属性が転換することをコンバージョンといいます。
 CVRは、その割合を言い、CVR=CV数÷訪問者数で算出されます。
 例えば、資料請求を目的とする場合、
 例えばサイト訪問者200人中10人が資料を請求すれば、コンバージョン・レートは5%

 

CTR(Click Through Rate)クリックスルーレート


 クリック率は、クリック率=クリック回数÷表示回数で算出。
 例えばバナー広告が100回表示される間に5回のクリックがあればクリック率は5%

 

参考URL


 http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/kpi.html
 http://www.sem-seminar.com/glossary/j_hiyoutai-kouka.html

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑