*

絶対に直帰して欲しくないユーザーを捕らえるには?

公開日: : 最終更新日:2009/06/24 コンバージョン、UI


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


【自宅でできる人間ドック】


 絶対に直帰して欲しくないユーザーがいます。
 例えば、コンサートチケット販売サイトで、訪問キーワード「チケット 8月 購入」
 板金加工受注サイトで「地域名 板金 業者 実績」など。


 これらのユーザーはなぜ直帰してしまったのか?
 それを探るために、まずは、アドバンス セグメントを使って、検索トラフィックで直帰している
 ユーザーを絞り込み分析しましょう。


 アドバンス セグメント > アドバンス セグメントを新規作成

グーグルアナリティクス、アドバンス セグメント設定方法。


 上図のように、ディメンション>滞在中のページビュー、をドロップ。条件を「以下」、値を1。
 「「and」ステートメントの追加」をクリック。
 トラフィック > 参照元 をドロップ。条件を「完全一致」、値をyahoo。
 「「or」ステートメントの追加」をクリック。
 トラフィック > 参照元 をドロップ。条件を「完全一致」、値をgoogle。


 こうしますと、滞在中のページビューが1以下で、Yahoo!もしくはGoogleから来たユーザー、と絞り込めます。
 つまり、検索トラフィックで流入し直帰してしまったユーザー。


 あとはセグメント名を入力、保存。レポートに適用すれば絞り込み完了です。


 トラフィック > キーワード、を見て
 ターゲットキーワードが表示されていたとしたら、
 コンテンツ > 閲覧開始ページ とし、ランディングページの吟味をします。

 

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑