【Googleアナリティクス】Twitterで紹介する人気の過去記事を簡単に見つける方法


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Googleアナリティクスの変化量

「変化量」メニューを使うと、過去の人気記事がわかります。

最近、Twitterで「過去記事」を投稿されてるのって、よく見かけますよね。ブログってどうしても流れてしまうので、「再放送」的なそういう一言って助かりますよね。

一方、せっかくツイートするなら、より注目されて有益なものを、と考えた時に、Googleアナリティクスの「変化量」を使うのがオススメです。

Googleアナリティクスの変化量とは

Googleアナリティクスの変化量

[コンテンツ]→[サイトコンテンツ]→[全てのページ]などとした時に、表上に上図のようなメニューがありますよね、これが「変化量」。普段はグレイアウトされていて選べません。

では、どういうときに選べるかといいますと、変化を見たい時です。まんまやーん!って言わないで下さいw。

具体的には、期間比較をします。このように、選べるようになります。時系列で「変化」を調べられるようになって初めて、選べるようになるんですね。
Googleアナリティクスの変化量

ソーシャルで紹介したい過去記事を見つける

前述のように比較したい期間を指定します。例えば、昨日と、去年の8月最終週の月曜にしてみます。季節性や曜日の違いが関係することもあるので、昨年まで遡って同等の日にちにすると良いでしょう。

そして、Googleアナリティクスで、[コンテンツ]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]を選びます。
Googleアナリティクスの変化量

そして、変化量を選び、ページビューで並べ替えをします。すると、ある程度ページビュー数があり、変化量の多い順に並べ変わるのです。
Googleアナリティクスの変化量

実際のページを確認する小さなアイコンをクリックすると、内容がわかります。例えば、上図でいうと2番めの記事は、実はプレスリリース出来るサイトの一覧です。

まとめとして、とても有用な記事ですが、何らかの理由でアクセスを下げています。こういったアーカイブともなりえるような記事は、内容を確認し再構成すれば、きっとまた喜ばれると思います。

Googleアナリティクスの「変化量」は、変化が大きく、絶対数も大きいものでソートしてくれる、というのがポイントです。
 

「わかり辛くてもURLで調べるのがオススメ。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑