不本意な流入のコンバージョンを除外したい

公開日: : 最終更新日:2012/02/27 トラッキング


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 Google Analyticsのコンバージョン設定にはコツがあります。

 例えば、買い物カゴのCVと離脱率の関係を調べるとき、
 どのプロセスで離脱が多いのかを突き止めれば、CVアップの可能性が高まります。

 しかし、その離脱率が思うように測れない場合があります。

 不本意な流入を除外

 上図のようにいろいろな流入がありますと、
 どのページで離脱が多いのか、原因がわかり辛いですよね。

 そんなときは、
 Analytics設定>目標設定>目標到達プロセス「必要な手順」
 チェックしましょう!

 不本意な流入を除外する

 ここをチェックしますと、
 必要な手順以外からの流入はカウントされないようになります。
 ほ〜ら!こんなにスッキリ!

 不本意な流入からのトラフィックを除外

 プロセス見直しをしっかりやられたい方は、確認してみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑