データ分析の入門書にオススメな本11冊

公開日: : 最終更新日:2017/04/01 レビュー、書評


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


RSS購読のURLが変わりました。
新しいFEED購読方法を見る

excel統計本

データ分析がビジネスシーンで注目を集めています。本記事では、なぜデータ分析がここまで注目を集めたのか、どういう考え方でどう進めれば良いのかなど、広く分野をカバーすることを目的としておすすめ書籍をまとめてみました。

こんにちは、カグア!です。Webアナリストというお仕事をしていますが、目指しているのはミッションコンプリートです。関わる人は増えてきたものの、ちょっとカオスになってきたかなあと思い、自分用にもまとめてみました。

データ分析という言葉がひとり歩きしている印象も感じる昨今ですが、ご参考になれば幸いです。

追記:2017年1月25日 「サッカー データ革命」を追加。
追記:2016年8月27日 入門書を1冊追加。

関連記事
>>文章力を上げるオススメの書籍11冊
>>新入社員おすすめビジネス本13冊
>>捨てるコツと考え方「迷いがちな6品」をバッサリ捨てる技術

データ分析におすすめの本とは

ビッグデータ

ビッグデータという言葉をよく耳にすると思います。これまで統計学はあったのに何で最近になって急にバズってるの?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。わたしは大学時代に統計学を学びました。いわゆる統計解説本は、たしかにその当時のものとそれほど変わらない気はします。それではビッグデータとは一体どんなアプローチなのでしょうか。

乱暴な言い方をしてしまえば、いわゆる統計的手法というのは、いかに少ないデータから全体を推し量るか、という学問です。現在のPCのように大量のデータを分析できるようになったのは最近のことなのですね。近年では、PCの性能も上がったため、あえて母集団をサンプリング(間引き)して分析する意義は薄れてきた、ということなのです。

もちろん、この世のすべてのデータを収集できるはずはありませんから、統計的な推定や手法はいまでも必須です。しかし、統計やデータ処理のツールはより身近になったとは言えるでしょう。

データ分析をいちやくメジャーにした名著

マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫): マイケル・ルイス, 中山宥: 本
マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫): マイケル・ルイス, 中山宥: 本

2011年に俳優ブラッド・ピットが主演して映画にもなりました「マネー・ボール」。

メジャーリーグの貧乏球団・オークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGMが、セイバーメトリクスと呼ばれる独自の手法を用いて、プレーオフ常連の強豪チームを作り上げていく様子を描いた。
>>マネー・ボール – Wikipedia

※マネーボールはAmazonビデオで300円から気軽にレンタルもできますよー。
>>>>マネーボール (字幕版): Brad Pitt, Jonah Hill, Philip Seymour Hoffman, Robin Wright: generic
Amazonで詳しく見る

データ分析の手法を駆使して、チームを勝利へと導く姿が、2008年のリーマン・ショックからアメリカ経済に影を落としていたマインドに希望を与え、書籍・映画ともにヒットを記録しました。わたしは日本女子バレーボールチームの渡辺さんの書籍で、この仕事に影響を受けました。

データ分析で誰かを幸せにできるということがわかってきたのです。もちろん、データは数字でしかありませんから、読み手の力量や意思に左右されます。ただ、そういったリスクを踏まえて活用できれば、力強いツールとなってくれます。

データ分析の基礎

これからデータ分析を始めたい人のための本: 工藤卓哉: 本
これからデータ分析を始めたい人のための本: 工藤卓哉: 本

コンサルタントに依頼すると、データ分析はどういうアプローチをしてくるのか、という引き出しを増やすためにおすすめ。

問題解決のためのデータ分析: 齋藤 健太: 本
問題解決のためのデータ分析: 齋藤 健太: 本

比較的中規模で初級の実務担当者がひと通りの実践はどう進めるのかというノウハウに特化した書籍。EXCELのVLOOKUPやソルバーなどにも触れています。

会社を変える分析の力 (講談社現代新書) 電子書籍: 河本薫: 本
会社を変える分析の力 (講談社現代新書) 電子書籍: 河本薫: 本

ビッグデータやデータマイニングを仕事にどう活かすのか。ビジネスからのデータ分析アプローチが素晴らしい。

データサイエンス超入門 ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方 | 工藤卓哉, 保科学世 | 本 | Amazon.co.jp
データサイエンス超入門 ビジネスで役立つ「統計学」の本当の活かし方 | 工藤卓哉, 保科学世

これから始める人や、あと、データ分析のカルチャーをチームに根付かせようというリーダーにもおすすめ。

データ分析の定番

統計学が最強の学問である: 西内 啓: 本
統計学が最強の学問である: 西内 啓: 本

データ分析が注目されるきっかけとなった名著。第2弾の書籍も好評です。

完全独習 統計学入門 電子書籍: 小島 寛之: Kindleストア
完全独習 統計学入門 電子書籍: 小島 寛之: Kindleストア

統計本の基礎として売れ筋です。母平均推定やカイ二乗分布など統計学の基礎をしっかりと丁寧に書かれた名著。

より身近に数字を感じるために

ヤバい統計学: カイザー・ファング, Kaiser Fung, 矢羽野 薫: 本
ヤバい統計学: カイザー・ファング, Kaiser Fung, 矢羽野 薫: 本

統計やデータにまつわる身の回りのさまざまな雑学。仕事で関わることになったが苦手意識のある人におすすめの本。

なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか―勝利をつかむデータ分析術 バレーボール「観戦力」が高まる!!: 渡辺 啓太: 本
なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか―勝利をつかむデータ分析術 バレーボール「観戦力」が高まる!!: 渡辺 啓太: 本

日本女子バレーを勝利に導いたデータアナリスト・渡辺さんの日々を綴った書籍。データ分析に関わる人はこういうことをしているのかとわかります。

サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか 電子書籍: クリス・アンダーセン, デイビッド・サリー, 児島修: 本
サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか 電子書籍: クリス・アンダーセン, デイビッド・サリー, 児島修: 本

スポーツデータ統計本の最新刊。最新サッカー戦術とデータ分析の考察が人気です。

まずはEXCELから

たった1日で即戦力になるExcelの教科書: 吉田 拳: 本
たった1日で即戦力になるExcelの教科書: 吉田 拳: 本

まずはEXCEL入門者から初級者になるための本。とりあえずEXCELは使ったことある、という人が実践に向かうために最低限のスキルを学べる良書。

EXCELビジネス統計分析 [ビジテク] 第2版 2013/2010/2007/2003対応: 末吉 正成, 末吉 美喜: 本
EXCELビジネス統計分析 [ビジテク] 第2版 2013/2010/2007/2003対応: 末吉 正成, 末吉 美喜: 本

多くの大学でも使われているEXCELと統計処理のおすすめ本。第2版にもなり2013にも対応しています。

EXCELの次のステップ

Rによるやさしい統計学: 山田 剛史, 杉澤 武俊, 村井 潤一郎: 本
Rによるやさしい統計学: 山田 剛史, 杉澤 武俊, 村井 潤一郎: 本

バージョンは前のものですが、内容やエッセンスはとてもわかりやすいのでオススメです。ワークと解説のバランスが良いです。

WEBマーケターのためのTableau入門(操作編) 電子書籍: 木田 和廣: Kindleストア
WEBマーケターのためのTableau入門(操作編) 電子書籍: 木田 和廣: Kindleストア

Googleアナリティクス逆引き本で有名な木田さんの書籍。ビジュアル分析に必携のツールになっています。

まとめ

・ビッグデータというビジネスアプローチ
・EXCELをつかった具体的統計的手法
・統計処理の基礎
・さらに専門的なデータ処理

どの分野を学びたいのかで、データ分析のおすすめ書籍をまとめてみました。まだまだビッグデータ市場は成長しそうな勢いですので、ビジネスリテラシーとして、読書の秋にお読みになってはいかがでしょうか。

「ビッグデータザ武道。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑