Clubhouseがマネタイズを正式発表~100%が個人へ

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

Clubhouseマネタイズ

Clubhouseのマネタイズが衝撃発表されました。Stripeという金融サービスを連携させて個人に送金できる、というものです。

本記事の執筆は、フリーランス歴24年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年4月6日時点でのものです。ご注意ください。

Clubhouseのマネタイズが発表

テッククランチが、Clubhouseのマネタイズを報じました。決済手数料をひいた100%が個人へ、だそうです。

>>Clubhouse launches payments so creators can make money | TechCrunch
サイトで詳しく見る

こちらの記事で詳細が書かれていますが、実際の送金はTwitterで確認できます。

Clubhouse公式ブログや公式リリースノートにも書かれています。スクリーンショットを見る限りは、個人アカウントに送金をする、という仕組みのようです。

>>ClubhousePaymentsの紹介-Clubhouse
サイトで詳しく見る

>>Release Notes
サイトで詳しく見る

送金にはStripeを活用

送金には、なんと外部サービスを利用しています。まさに、送金という感じです。

そのサービスはStripe。日本ではPayPalのほうが知名度がありそうですが、Stripeも最近、じわじわと目にする機会が増えてきた、サービスです。

>>インターネットビジネスのためのオンライン支払い処理 – Stripe
サイトで詳しく見る

Stripeは、中国の巨大チャットシステムWeCHATや、アリババとも提携しています。今回のClubhouse連携も、その勢いを象徴するかのようです。

>>StripeがAlipayおよびWeChat Payと提携、10億人中国市場に本格進出できるインパクト | TechWave(テックウェーブ)
サイトで詳しく見る

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

Clubhouseでの送金方法

動画を見る限りでは、以下のような流れです。

  • 個人アカウントの「Send Money」ボタンをタップ
  • 送金額が表示
  • クレカが登録されていれば送金可能

クレカはStripe経由で利用され、フィーは0.91%と表示されています。Clubhouse公式のブログでは、20ドルを個人アカウントに送金するスクリーンショットが掲載されています。

この手数料は、支払い処理パートナーであるStripeに直接送金されます。Clubhouseは何もしません。

公式ブログにはこのように書かれていますので、マネタイズというよりは、個人間送金ができるようになった、というほうが適切かも知れません(それならば、手数料をひいた100%が個人へいく、というのも納得です)。

StripeやPayPalを使えば、Clubhouse外でもこうした送金は可能ですので、サービス連携による利便性の向上、といった印象です。

【電子書籍】超入門「Clubhouse」の始め方 (dsklife) | マツキダイスケ | 工学 | Kindleストア

【電子書籍】超入門「Clubhouse」の始め方 (dsklife) | マツキダイスケ
Amazonで詳しく見る

App Storeでアップデート

2021年4月5日に、App Store でもアップデートが来ていました。Clubhouse のバージョンは、0.1.32 です。

リリースノートによりますと、2021年4月6日時点では、一部のアカウントに限定して、送金機能を実装していると、アナウンスされています。

実際、わたしのアカウントの設定画面には、それらしきメニューはありませんでした。

Stripeのアカウントはありますので、実装され次第ためしてみたいと思います。

国内ではstand.fmが有料チャンネルを発表

国内でも、音声配信マネタイズの動きが加速しています。stand.fmが、2021年4月6日、有料チャンネルをリリースしたと発表がありました。

>>吉本若手芸人3組がMCを務める月額有料チャンネルを開始|株式会社stand.fmのプレスリリース
サイトで詳しく見る

すでに、厳選されたクリエイターには収益化プログラムが適用されていますが、有料チャンネルが登場したことで、トップページのUXなども変わりそうですね。

先行するVoicyでは、すでに多くの有料チャンネル(プレミアムリスナー)が立ち上がり、多くの番組でマネタイズがなされています。今後も、音声配信のマネタイズは話題になりそうです。

いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎 (いちばんやさしい教本) | 八木太亮, 江口立哉

(早期購入特典)いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

まとめ

  • Clubhouse公式に送金機能が実装
  • 送金システムはStripeを使用、Clubhouseは手数料はとらない
  • 2021年4月5日アップデートで実装、現状は一部のアカウント

これから、利用状況をみて、Clubhouseのマネタイズは徐々にひろがっていくものと思われます。

Stripeという外部サービスを利用すること、Clubhouse側は手数料をとらず(クレカの手数料を引いた)100%がユーザーの収益になる、という点からもトラブルは少ないと思われます。

実装システム自体に不備がなければ、これはすぐに広がりそうな予感がします。Clubhouseのマネタイズは、個人送金から来ましたかー。

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「Clubhouseマネタイズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑