HTML5対応ブラウザの利用状況を調べるケーススタディ

公開日: : 最終更新日:2010/03/29 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


 

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 こちらのエントリーに触発されて、
 ちょっと当ブログの、HTML5対応ブラウザの利用状況を調べてみました。
 ※調査期間:2009/03/25-2010/03/25

 

どんなブラウザがHTML5に対応しているのか

 CSS3プロパティやEmbeddedContentなど、概ね対応しているのは以下の様子。

・Chrome 4(Win)
・Chrome 5(Mac)
・FireFox 3.6(Mac/Win)
・SAFARI 4(Mac/Win)
・Opera 10.5(Win)

 詳細な対応表はこちらです。

 Web Design – HTML5 & CSS3 Checklist

 

アドバンス セグメントでHTML5対応ブラウザを抽出する

 それでは、早速Google Analytics の
 アドバンス セグメントを使って、HTML5対応ブラウザを抽出してみましょう。

 アドバンス セグメント>アドバンス セグメントの新規作成、を選び
 例えば下図のように、ブラウザ:Chrome、ブラウザのバージョン:4.0以上等と保存します。

 Google Analytics アドバンス セグメントでHTML5対応ブラウザを絞り込む

 

サイト全体との比較も材料に

 それぞれのブラウザの趨勢は冒頭の通りです。
 ちなみに、当ブログのそもそものブラウザ割合は以下の通りです。

 ユーザー>PC環境>ブラウザ

 Google Analytics でブラウザの割合を調べる

 数は少ないものの、当ブログのユーザー層で言えば、
 徐々に増えていくトレンドが見て取れます。

 もちろん、当ブログのセッション数が増加傾向ということはありますが、
 それを差し引いても、全体の伸びと比較したとき、
 HTML5対応ブラウザの増え方は、増加傾向と捉えて良いと考えます。
 どうやら当ブログでは、HTML5も徐々に対応したほうが良さそうですね。

 Google Analytics を、サイト運営に活用するときには、
 トレンドに要注目です!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑