WordPressでトラックバックされる側のリンク表示を修正した

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 WordPress


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


hands-423794_640

WordPressネタです。

トラックバックの表示を調整する

WordPressで、トラックバックはコメントと同じ箱で管理されます。トラックバックもコメントと同じ扱いなんですね。

トラックバックされる瞬間に、受ける側にその情報がコメントとしてDBに書き込まれ、あとはそれがそのまま残る感じ。

で、表示させるときは、

get_comment_author_link()

というタグで<LI>タグ付きでループ表示されます。

ですので、その中をいじるときは、function.php に書くのと、wp-trackback.php を直接書かないといけないみたいです。

wp-trackback.phpをいじる

テーマファイル以外をいじるのは気がひけるのですが、まあ仕方ありません。

$title = wp_slash($blog_name)

$title = wp_slash($title)

に直すと、トラックバックされてリンク表示される文字列が、ブログ名でなくて記事タイトルになります。

ただ、前述のように、トラックバックされた瞬間に、自分のDBに書き込まれますので、この修正前にトラックバックされたものは、DBにタイトルが書き込まれてますので、データ自体を直さないといけません。ふーむ。

参考情報

テンプレートのトラックバック部分をいじるために。

>>WordPressのコメントとトラックバックを分けてカスタマイズ *Ateitexe
>>WordPress › フォーラム » トラックバックの表示について

トラックバックを許可するとスパムもくるっぽいので対策。

トラックバックされるときに、自分のサーバーのIPアドレスからじゃないとxmlrpc.php が反応しないようにする。

if ( !empty($tb_url) && !empty($title) && $_SERVER[“REMOTE_ADDR”]; == “IPアドレス” ) {

とかしておけばOKっぽい。いちおう自分の他のWordPressからはOKだったけど、他のポータルのほうのブログからトラックバックしてみたらダメっぽかったので、たぶんこれでいいはず。うん。

>>WordPressのセルフピンバックを止める方法とNo Self Pingsプラグイン | WP SEOブログ
>>WordPressのPingback機能を悪用した攻撃対策について(SuiteX V1/V2) | WebARENA 共用サーバー
>>記事ごとにIP制限ができるWordPressプラグイン「MW IP Denied」 | モンキーレンチ
>>WordPress › Throws SPAM Away « WordPress Plugins

「何の箱で管理されてるか、ってムズイ。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑