Googleアナリティクスで携帯サイトのページ遷移を調べた

公開日: : 最終更新日:2015/04/10 携帯からのアクセス


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


携帯サイトでもページフローはツカエル!

ガラケー版でのアクセス

カグア!の携帯版は主に以下のようなアクセスになっています。ただ、平均PVが一番多いのはドコモです。そこで、新機能であるユーザーフローを使い、携帯ユーザーがどのような動きをしているのか、調べてみましょう。

あらかじめ、アドバンスセグメントで、携帯キャリアごとに絞り込んでおきます。携帯版Google Analytics で、携帯キャリアを絞り込むには、ディメンションにオペレーティングシステムを選び、docomoと絞り込めばOKです。

ちなみに、本記事でいう携帯サイトとは、いわゆるガラケーサイトのことを指しています。

携帯サイトならではのページ遷移

携帯からのアクセスがあるといっても、ほとんどは直帰です。ユーザーフローでもハッキリとその多さ(赤い部分)がわかります。

拡大表示してみても、その離脱はハッキリと分かります。

一方、ページ遷移が増えますと、途中、カテゴリーなどインデックス的なページを経由することに気がつきます。

PCサイトであれば、たいていサイドバーがあり、直接ページへのリンクがあることも多いですよね。画面の広さに制約のある携帯サイトならではの動きではないでしょうか。

最近見つけて、ナルホドと思ったスマートフォンサイト

ポータルサイトのExcite エキサイトさん。

最近偶然、Androidで見て、これはタップしやすいなあと感心しました。以下に掲載します。

記事下に、人気記事や最新記事、カテゴリーや人気ワード、関連リンクなど、うまくまとめていますよね。これでどういうページ遷移をするのか、見てみたいものです。

スマートフォンサイトは、フレームワークやプラグインが充実してきた反面、デザインが似通ってしまうことも。しかし、Google Analytics を使えばページ遷移を調べることが出来ますので、更にユーザーに合ったUIが提供出来るかもしれません。

Googleアナリティクスで、ページ遷移を見られるビジュアルフロー(ユーザーフロー、ゴールフロー)は、本当に強力ですね。


できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応 (できる逆引きシリーズ) 電子書籍: 木田 和廣, できるシリーズ編集部: Kindleストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑