コアレポーティングAPI、期間の相対指定が可能に

公開日: : API


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


レポーティングAPIがアップデート

APIで相対指定が可能になりました。

アップデート概要

・ディメンションと指標のリファレンスが刷新
・サンプリング、期間の相対指定が可能に
・AdSenseなどに、新ディメンション、新指標が追加

新ディメンションなどを試して見たい方は、お馴染みクエリーエクスプローラーをどうぞ。最大で7ディメンション、10指標を試せます。

>>Google Analytics Tools – Query Explorer

リファレンスが刷新

>>Dimensions & Metrics Reference – Google アナリティクス — Google Developers

Core Reporting APIのリファレンスで、Webやアプリでの表記が併記されるように。

組み合わせで許可されているものだけに絞り込むチェックなども。

APIでサンプリングが調整可能に

サンプリングAPI

たしかに、API経由でどれくらいの精度のものが取得できていたのか知りたいですよね。

動画では具体的に取得した数値のサンプルも紹介。

APIでの期間の相対指定が可能に

トップ画像のような指定が追加。

Today
Yesterday
XDaysAgo

7日前から今日までといった指定が可能になりました。APIを使ったレポートでも、UIがシンプルに出来そうですね。

新しいデータ

あたらしいディメンション

AdSenseまわりが増えてそうです。AdWordsのマッチタイプもAPIだと無かったんですね。

詳しくは以下の動画でどうぞ。

 

「合わせてクエリーエクスプローラーもパワーアップ。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑