ついに国産で、コスト分析アップロードに対応したGoogleアナリティクス拡張ツールが登場

公開日: : Googleアナリティクス資料


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


Googleアナリティクス国産ツール

ついに手軽にコスト分析が使える日が来るか。

Googleアナリティクスのコスト分析とは

集客>コスト分析、というメニューがGoogleアナリティクスにはあります。

これは、他のツールなどのコストデータを取り込み、Googleアナリティクスですでに計測しているトラフィックデータと紐付けして、費用対効果などを、より広範囲に分析できる機能です。

ただし手動でアップロードは出来ません

集客メニュー

メニューをたどりますと、上図のリンクが表示され、クリックしますと、なんとその先には・・・、

費用データは、CSV を経由して手動でアップロードすることはできません。

そう、これがGoogleアナリティクス。僕らに、楽はいけないよ、と身を持って教えてくれます。

APIを使ったプログラムを別途用意し、それ経由で、ということなんですね。

ベースキャンプとは

そこで、ベースキャンプです。

どうやらこのツール、Googleアナリティクスからデータを持ってきて、いろいろとレポートを作ってくれる、いわゆるラッパーツールのような感じです。

とはいえサービスそのものは、それにとどまらず、サポートやコンサルを含めた、総合的な解析支援サービスのように充実しています。提供は株式会社テクロコさん。

>>BASECAMP | TechLoCo, Inc.

国産のラッパーツールとしては、すでにベーシックさんが無料でフェレットアナリティクスを提供(要登録)していますが、ベースキャンプは有料メインなだけあって、機能もサービス内容もよりコアなユーザー向けに対応してきてる印象ですね。いずれにせよ、ユーザーにとっては選択肢が増えることは大歓迎ですね。

>>簡単アクセス解析のFerretアナリティクスβ

そして、コスト分析の表記が

そして、なんと前述のコスト分析がアップできると書いてあります。おおお!

クロスドメイン設定
eコマーストラッキング設定(属性紐付け)
コスト分析用データアップロード
イベントトラッキング設定
重複コンバージョン排除測定  など

お試しも出来るっぽいです。TOPの「無料お試し版はこちら」をクリックし進めるますと、Twitterやfacebookなどでお馴染みのアプリ認証画面が出ます。そこでGoogleアナリティクスの権限を許可すれば、いろいろとレポートを作ってくれそうな印象です。スムーズでいい感じ。

これは期待大ですね。

>>BASECAMP | TechLoCo, Inc.
 

「ついに来た。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑